Skip to content

日本刀と甲冑を一緒に買取してもらうことは可能

蔵や旧家で日本刀や甲冑を見つけたけれど、処分するのは勿体無い、でもこのまま置いておく訳にもいかないという場合があります。

日本刀の買取はしてもらえても甲冑はしてもらえるのかと悩んでいる方は、セット買取について知っておく必要があります。

 

日本刀と甲冑はセットで買取してもらえる

時代を感じさせる日本の骨董品といえば、日本刀や甲冑です。これらは時代によってそれぞれに特徴があり、古い時代の日本を象徴する骨董品を愛するファンから熱い視線を浴びる存在です。

日本刀は買い取ってもらえることを知っていても、甲冑は対象外だと思って処分してしまう方もたくさんいらっしゃいます。 両方とも今の世の中では古風な飾り物となっていて、その厳かな姿かたちに魅了される方も多く、まだまだ買い手のある骨董品です。

海外のコレクターの方からも人気があります。両方を所有している場合は、一緒に買取の依頼をすることをおすすめします。セットで売ることができることを知らず損をしている方もおられます。

骨董品は古ければ古いほど価値が高くなるものもありますし、珍しければ珍しいほど高価で買取してもらえるはずです。古くて汚れているから専門家に見せるまでもないとご自分で判断し、処分してしまうことだけは避けましょう。

目利きのある専門家が査定してみると、とんでもなく価値のある代物だったということも稀にあります。 気を付けたいのが、経験がそれほどない適当な骨董品査定をする買取業者を選んでしまうことです。

時代の価値ある産物の鑑定を誤ると取り返しがつきません。2つとない貴重な代物を処分してしまうのは、とてももったいないことです。セットで売ろうとする場合は、経験豊富な買取専門店に査定を依頼することが何より大切なことです。

 

セットで売る前に知っておくべきこと

日本刀の査定を得意とする買取専門店は多く、相当な知識を持ち合わせている鑑定士はたくさんいます。しかし、甲冑については日本刀よりも買取依頼が多くないため、これまでの経験の中で鑑定する機会があまりなかったという鑑定士も実際にいます。

そこで、経験の浅い鑑定士の意見のみに従うのではなく、ご自分で基礎となる知識を持っておくことも大切です。 甲冑には種類があり、種類によって買い取り金額も大きく違ってきます。

種類としては挂甲(けいこう)や大鎧、胴丸、腹巻、当世具足などがあります。また、武具の種類は兜や籠手(こて)、面、羽織などがあることを知っておきましょう。

売る時は兜や銅当てなど全部揃っている方がいいのですが、武具だけでも売れる代物はあります。 高価で買い取ってもらえる基準というものがあり、そのポイントとなるのは「どの時代のものなのか」ということです。

骨董品には芸術的な価値を持つもの、工芸としての価値があるもの、そして歴史的な価値のあるものに分かれます。中でも重要視されるのが歴史的な価値のあるものです。

歴史的に価値のあるものは需要があり、買取査定額も高くなる傾向にあります。 また、甲冑は時代ごとに作りが違う点にも注目すべきでしょう。いろいろな流派が生まれたため、デザインや特徴もそれぞれ違っています。

たとえば、4世紀〜600年は近畿地方中心に作られていたのに対し、武士が活躍した鎌倉時代では幕府が作った六波羅探題を中心に作られています。それぞれの時代によって作り手が違い、熊野打や春田派、岩井派、早乙女派などがあります。時代によって価値が大きく変わることを押さえておくべきです。

 

状態の良さが査定額を高くする

所有している骨董品を売ろうとする場合、できるだけ高く買い取ってもらいたいと思うはずです。可能な限り高額での買い取ってもらおうと考えるなら、査定時に重要視されるポイントを知っておいて損はありません。

査定の際は、主に歴史的価値や現物の状態を見ます。これらはとても厳しい目で査定されるのが普通です。買取専門店の立場を考えると、ものすごく古い時代で歴史的価値のあるものであれば、どんな状態でも買い取りたいと思うかもしれません。

なぜなら、歴史的価値のあるものはコレクターにとっては喉から手が出るほど欲しいものなので、買い手がすぐにつくことがあるためです。しかし、わりと多く流通している代物であれば、何を基準に査定額をはじき出すのかといえば、状態のみを主に見ることになります。

骨董品の状態は、買取金額を大きく左右します。良い状態とそうではない状態を分けるのは汚れやシミ、ホコリといったものです。また、部分的に欠けていたり割れているところがある場合は、査定額が値引きされてしまうと思って間違いないです。

売るかどうかを長年迷っているという方もいらっしゃいますが、査定を依頼するまでの保管期間だけでもできるだけきれいな状態を保てるよう、管理しておくことが大切です。

箱や書物などの付属品があれば一緒に添えて査定してもらいましょう。付属品が揃っていると、査定額が高くなる可能性があります。日本刀と甲冑だけでなく、付属品もセットにしてまとめて売りましょう。

 

日本刀と甲冑はセットで売ることができるのですが、それを知らない方は多くおられます。

売る時に注意したいのが、確かな査定ができる買取専門店を選ぶことです。経験と実績のあるところを選ばなければ、適正な査定額はつきません。

貴重な骨董品の鑑定を誤ることがないよう、確かな目を持つ買取専門店を選びましょう。

よく読まれている記事