Skip to content

日本刀の買取相場、平均どれくらい?

日本刀の買取相場、平均どれくらい?骨董や美術工芸品は値段があってないようなものと言われますが、その中でも日本刀は時代の流れにあまり左右されない安定した価値を保っています。
その理由は日本の伝統文化の継承という目的があるからです。
細くしなやかでありながら抜群の切れ味を誇る日本刀はまさに日本らしい逸品と言えます。

日本美の極致ともいうべき日本刀の買取の相場とはどのくらいのものなのでしょう?

また、買取査定にとってどのようなことが大事なのでしょうか?

お持ちの日本刀を売るときの参考としてお読み頂ければ幸いです。

 

日本刀の買取相場を左右する手掛かり

日本刀の買取相場は、刀剣商らによる交換会(オークション)での相場を参考にしているお店も多く、買取相場から査定要素によって買取価格を決定していきます。
買取に際して銃砲刀剣類登録証が付いていることは必須であり、

日本美術刀剣保存協会の鑑定書付いていることは買取査定の有力な手掛かりとなります

 銃砲刀剣類登録証の確認
買取依頼する前に確かめておくべきことが銃砲刀剣類登録証の有無です。
銃砲刀剣類登録証がなければ日本刀の買取はおろか所持していることさえ違法となり処罰の対象となります。

銃砲刀剣類登録証の発行は各都道府県の教育委員会が行っており、新規登録に対する手数料として6300円の費用がかかります

② 日本美術刀剣保存協会の重要刀剣指定書
日本美術刀剣保存協会とは、戦後の刀狩りから日本刀を守るために発足した公益財団法人です。

日本刀業界におけるもっとも有力な団体であり、日本刀の審査・鑑定を行います。
鑑定された日本刀は特別重要刀剣、重要刀剣、特別保存刀剣、保存刀剣とランク別に指定されます

この指定は買取査定においても重要な位置を占めることがあります。
重要刀剣と指定された保存状態の良い日本刀で50~300万円が相場と言われています

③ 日本美術刀剣保存協会について
買取業者によっては日本美術刀剣保存協会の鑑定書がなければ買い取ってくれないところもありますが、逆に重要視しない業者もあります

というのは、これまで協会の窓口においてさまざまな不正行為が行われた経緯があるからです。
一部が分裂して日本刀文化振興会を設立しましたが、依然もっとも有力な団体であることは間違いありません。
日本美術刀剣保存協会の主催する新作名刀展は若手刀工の登竜門であり、ここで認められることが現代刀工たちにとっての大きな目標となっています。

 

日本刀買取の査定基準

比較的価値の変動が少ないと言われている日本刀ですが、買取相場は購入時の80~60%の値段になるのが一般的です。
ただし、あくまでも一般論です。
驚異的なブームが訪れたり、経済界が混乱したりすると市場価格は大きく変動します。
そのような中でも文化財としての美術的価値への評価は高く、状態や作者、作られた時代などの査定基準によって買取相場が決められていきます

 

査定基準ごとのそれぞれの相場

① 作者と作られた時代
作者と作られた時代は大きな査定ポイントです。
歴代最高価格の幕末の名工、源清麿を筆頭に歴史上の名工、名刀には破格の値段が付けられ、市場においてもなかなか動くことがありません。
歴史上の名刀に高値が付くのは当然ですが、現代の人気作家の作品にも数百万円という値のつくものがあります。

② 種別による買取額の違い
刀・打刀の金額に対して脇差は20~40%での買取が一般的です。
短刀の場合は30~50%、いずれも保存状態によって左右されます

③ 細工や拵え(こしらえ)による買取査定
拵え(こしらえ)とは外出用の鞘のことで、これに対し自宅保管用の鞘のことを白鞘と言います
いずれも日本刀の装具として重要なもので、細工の有無と併せて高額査定の対象となります。

④ 錆や傷、刃紋の出方
もっとも重要な買取査定ポイントは保存状態の良し悪しです
錆の有無による査定額の増減はもちろん、肉眼ではわかりにくい傷やヒビなど詳細な調査が行われます。
美しく輝く刃紋の日本刀に高い値が付くのは当然のことです。

 

オークションへの代理出品をしてもらう

ご自分がお持ちの日本刀のより客観的な価値を知るために刀剣オークションへ出品するという方法があります。
全国から有数の刀剣商が集まり、さまざまな日本刀を落札していきます。
オークションでの落札価格は買取相場に大きな影響を与えるため、ある意味もっとも信頼性の高い金額とも言えます。
買取業者の中にはオークションへの代理出品をしてくれるところもあります

 

日本刀の本来の価値

元々は切れ味によって最上大業物、大業物、業物と区別され価格決定されていた日本刀ですが、美術的文化的価値から特別重要、重要、特別保存、保存刀剣と区別されるようになりました
いずれも日本刀の価値を重要視し、未来への保存を目的としたランク付けです。
買取における査定要素として重要視されることもあり、平均的な買取相場が決められることもあります。

しかしながら、もっとも大切なのは保存状態の良し悪しです
日本刀を買取依頼するときは娘を嫁に出すような心持ち、天塩にかけて育てたお嬢様がよそ様の家でどう評価されるか?

それまでの、その日本刀に対する接し方が査定されるようなものとも言えます。