Skip to content

日本刀を売るなら専門店がおすすめ!

日本刀を売るなら専門店がおすすめ!

 

 

日本刀を売ろう、と決めたときに、どんな業者に買取を頼むべきでしょうか。

日本刀を引き取ってくれる業者にはいろいろなタイプがありますが、近いから、連絡しやすいから、といった理由で業者を決めるのは大きな損になりかねません。

 

 

日本刀を買い取ってくれる業者・タイプ別

日本刀の買取に応じてくれる業者には、以下のようなタイプがあります。

1)総合リサイクルチェーン
2)ブランド品や貴金属を扱う買取業者
3)美術商
4)骨董店
5)日本刀専門業者

ごく簡単にいうと、下にいくほどおすすめになります。
それぞれの業者の特徴とメリット・デメリットについて見ていきましょう。

総合リサイクルチェーンは最後の手段

多種多様なグッズをなんでも買い取ってくれるのが大型の総合リサイクルチェーン。
大きめの町にはたいてい店舗があり、買取と販売を同時に行っています。

◆連絡しやすく見つけやすく、間口が広いのでつい頼ってしまうのがこういったチェーンですが、こと日本刀に関してはまともな査定はまず無理だと思っていいでしょう。
◆目利きができる人などいるわけもないのですから当たり前です。
一振りごとの良し悪しなどは全く見てくれず、マニュアルに定められた通りの査定しかしてくれないことがほとんどです

他で売るあてが全くないのであれば別ですが、他のお店を探せる環境ならば、総合リサイクルチェーンの優先順位は下げるべきでしょう。

ブランド品業者や美術商は専門外

次にブランド品や腕時計、貴金属などを引き取ってくれる装身具中心の業者ですが、そういうところに日本刀を持ち込むのは全くおすすめできません。
完全に専門外で、買取どころか査定を断られることがほとんどでしょう。

ならば美術商はどうでしょうか。
現代では刀剣はたしかに美術品の一種として扱われることが多いので、査定や買取をしてくれる業者がいないわけではありませんが、これもおすすめできません。
日本刀の目利きができる美術商はほとんどいないのが現状です。
良心的な美術商であればあっさり断るか、もしくは知り合いの刀剣専門家を紹介することでしょう。

骨董店なら正しく査定してくれそうだが……

ならば骨董をあつかう業者はどうでしょう。
古い日本の文化と美に精通する骨董商には、日本刀に興味を持ち知識を蓄えている人もかなりいます。
ならば骨董商に持ち込むのはおすすめできるかというと、そうではありません。

◆たいていの骨董商は刀剣を扱う直接的な販路を持っていないので、細かい値付けについて知っていることはほとんどありません。
◆だいたいの価値がわかる、という人はいるかもしれませんが、いくらで買えるか、という判断ができるわけではないのです。
ですから買ってくれるにしても、リスクを見込んで査定はどうしても安くなります。

日本刀のことは専門家に相談しよう

やはり買取の相談をするなら、日本刀を専門に扱っている刀剣商に連絡すべきです。
理由は簡単で、高く買ってくれることが多いからです。

日本刀を普段から売り買いしている刀剣商は、具体的にどんな刀が顧客にどのくらいで売れるのかを熟知しています。
その時その時の一般的相場だけではなく、たとえば、ある顧客がこういう刀を欲しがっていて、持ち込まれたこの刀はそれにぴったりだから高く買える、というようなこともあるわけです。
これは専門外の業者には絶対にないメリットです。

◆また例えば、観賞用の刀だけでなく、剣術家のひとが試し斬りに使う実用の刀も刀剣商は売っています。
ですからたとえ現代に作られた刀だったり、無銘の数打ちの刀だったりしても、実用に使える刀であれば意外なほど高く買ってくれたりします。

◆また刀剣商は刀剣修理の職人さんや刀鍛冶とつながりを持っているので、折れた刀や曲がった刀も、直して売るという前提で査定してくれたりします。
他に持っていってもジャンクとしか扱われない刀でも、いい値段がつく可能性があります。
鞘や柄や鍔といった付属品についても例外なく目利きなので、そこを評価して買取価格を上げてくれたりもします。

このようにこと日本刀に関しては、刀剣専門業者に持ち込むメリットは絶大なものがあります。
日本刀はけっして安いものではありません。
少しでも賢く売るためには、必ず専門家を頼りましょう。

刀剣商もネットで調べられる時代

とはいえ、自分の家の近くに刀剣商なんてない……と困惑する人もいらっしゃるでしょう。
しかし幸いなことに、簡単に探す手段があります。
言うまでもなくネットです。
お住まいの町の名と、日本刀、買取、と打って検索すれば、高確率で近隣の刀剣商が見つかるはずです。

刀剣商にはちゃんとした自社サイトを持っている人が多く、そのお店のポリシーや初心者向けのアドバイスが丁寧に書いてあったりします。
サイトの雰囲気を見て内容を読めば、どういう業者さんかはだいたいわかるのではないでしょうか。
良心的な専門業者を見つけて、日本刀を売りたいのですと率直に相談してみましょう。
きっとよい取引ができるはずです。