Skip to content

日本刀に美術的価値があれば買取価格はUPする?

日本刀の買取を専門のお店に依頼する際、売却する日本刀の価値によって買取価格が大きく変動します。

価格を決定する大きな要素としては歴史的な価値や希少性などがあげられますが、買取価格に大きな影響を与える場合があるのが美術品としての価値です。

 

刀の買取価格を決定する重要な要素

日本刀の中には高額で買取されているものもありますが、こうした刀に共通する特徴の一つに、有名な刀鍛冶によって製作されていることがあげられます。正宗や村正などの高名な鍛冶職人によって製作された刀ならば、非常に高額で取引きされる場合があります。

こうした高額の価格で売買される背景には、それらの名工によって鍛えられた刀が武器という意味で優れていたということがあげられます。もともとは武士が用いる武器として作られたものであるため、刀として優れた機能を持っている実用性の高いものが高く評価されてきました。

そのため、昔から切れ味が優れているものが名刀とされ高額で取引されてきたのですが、時代の移り変わりとともに、日本刀は武器という価値以外でも注目を集めるようになります。武器としての機能性のほかに刀の価値を高める要素となったのが芸術品としての価値です。

鍛え上げられた鉄という意味での刀の美しさは、武器という機能性を離れてそれだけで評価されるようになります。昔から名工が製作した日本刀は、その切れ味だけでなく外見も優れているものが多く、武具としてだけでなく美術品としても高く評価されるようになります。

そのためにこういった機能性と美術品としての価値を両方備える刀は特に高額で買取される場合も多いのですが、その一方で日本刀の中には、機能性や歴史的価値はあまりなくとも、美術的価値に優れているようなものもあります。

 

芸術的な価値を持っている刀の共通点

鑑定士が日本刀の買取価格を決定する要素という意味での美術的価値は、さまざまな面が考慮されています。この場合の買取価格を決定する美術的な価値とは、ただ単に外見が美しいというだけには限らない場合も多いので注意が必要です。

鑑定士が買取査定で重要視する美術的価値とは、芸術品としての観点で価値が高いかどうかということです。これは、機能性の高い武器を作る職人という評価とは若干価値判断が異なるもので、純粋に美術品としての価値を持った日本刀を作る技術が高く評価されています。

一般的に芸術品として高い価値を持っている作品は、有名な芸術家により製作されたものが多いです。そのため、日本刀も高名な刀鍛冶によって作られたという事実だけによって芸術品という意味での価値が高く評価される場合もあります。

その一方で無名の刀工によって製作されながらも、芸術品としての価値が高く評価されているものがあります。こうした刀が高く評価されているのは、他の武器にはない独自の美しさが日本刀に備わっているからです。

平和な時代になり、武器そのものの価値よりも芸術品としての価値が大きく注目されている時代だからこそ、買取価格にも芸術的な価値が大きく左右されるようになっています。高名な刀工によって製作されたことを証明できるような鑑定書がつけられた刀などは、より信頼性の高いものという形で評価されています。

 

芸術品として高い価値を持っている刀

美術的な価値があり高額で取引がされる日本刀の特徴としては、特定の年代に製作されているということがあげられます。特に高い芸術的価値を持っていると評価されることが多いのが、江戸時代に製作された名刀です。

国内での戦争がなかった江戸時代には日本刀は扱いやすい武器としての実用性よりも、芸術品という価値が次第に重要視されるようになります。また合戦のなかった江戸時代には実用性のある武器ということで刀が使用されることもほとんどなかったために、保存状態がよいものが残っていることが多いのも高く評価されている理由です。

芸術的価値を持って高額で買取がされる日本刀の場合は、この保存状態の良し悪しは大きな影響を持っています。古い時代に合戦などで実際に使用された刀などは刃こぼれをしている場合もあるため、芸術品の価値がそれだけ損なわれていることもあります。

一度も使用されていない刀は刀工が製作したそのときの状態のまま保存されているものも多く、芸術品としての価値もそのまま残っているので高く評価されています。芸術品という意味で日本刀の評価基準の一つになっているのが刃文です。

直線状の直刃やうねりをもつ乱れ刃など、芸術的な価値を持つ刃文にはさまざまな種類があります。刃文とともに刀の美しさに大きく影響しているのが地艶です。こうした細かい部分が総合的に評価されて芸術品としての価値が評価されます。

 

もともとは合戦の際に武器として使用するために製作されてきた日本刀ですが、時代の移り変わりとともに、その価値も大きく異なっていきました。現在では実用性よりも芸術的な価値が高く評価されているために、美術品としての価値も買取価格に大きく左右する場合があります。

よく読まれている記事