Skip to content

刃こぼれした日本刀の買取

倉庫などにしまわれている日本刀は、定期的にお手入れをしてしないので刃こぼれしていたり傷がついている場合が少なくありません。

そのような日本刀は買取ってもらえるか心配という人も多いです。

そこで刃こぼれしていたり傷がある日本刀が買取ってもらえるのかや刃の仕組み、なるべく良い状態を保つ方法などを解説していきます。

 

刃こぼれした日本刀も査定金額が下がるが買取ってもらえる

結論から言うと日本刀は刃こぼれをしていたり傷ついていたりしていても、買取ってもらうことは出来ます。しかし査定金額は大幅に下がるので、出来るだけ品質の良い状態を維持することが必要です。

日本刀は従来実際に使われていた武器で、極限まで切れ味を追い求めて作られています。なので刀に不自然な力が加わると、壊れてしまいやすいです。西洋刀は大きくて厚みがあり、刀の重さを利用して攻撃を加えます。しかし、日本刀はカミソリのように軽い力で敵を切り裂くような構造になっているのです。刃物としての切れ味を伸ばすために、刀身を薄く仕上げています。

その為、刃先に不自然な圧力がかかると刃こぼれしたり刀身自体が折れてしまう場合もあるのです。真剣を取り扱う経験が多い達人であれば、何度か振り下ろしても刃が欠けてしまうようなこともなく青竹などを切ることが出来ますが、真剣を取り扱った経験がない人が振り下ろして青竹などを切ろうとすると刃に対して大きな負担がかかります。

今の時代では刀の所持は鑑賞するための目的がほとんどです。居合い抜きなどで刀を実際に利用するときには、多少刃が傷ついたり刃こぼれすることを覚悟する必要があります。刀を実際に振り下ろしてみたい場合は周囲に刃に物が当たることが、ないようなところで行うことが必要です。

 

日本刀の修復は専門会社に依頼する

不注意で刀を石などの上に落として刃こぼれを起してしまったり倉庫の中から発見したときには刃がすでに欠けていたりする場合はなるべく早く対処する必要があります。刃の傷ついている部分はとても脆い状態になっているからです。

日本刀は鉄で出来ているので、傷ついた部分にはサビが特に出来やすくなります。ダメージを負ったところから外側の方に腐食が進むだけではなく、刀身の内側の方にも腐食が進むことになるため、なるべく早めにサビを防止することが必要です。

刃の傷を自分だけの力で修復させることは、まず不可能と言えます。刃こぼれしたところを継ぎ足したり、サビを取り除いたりすることも困難です。市販されているサビ止め剤はサビつきを防止することが出来る効果があったとしても、すでに発生しているサビに対しては効果が期待出来ません。

欠けていないところに、うっすらと出来たサビなら拭き取って取り除くことが出来る場合があります。しかし刃が欠けているところに出来たサビは素人に取り除くことは、ほとんど出来ません。刃が欠けている部分に出来たサビを取り除くためには刀身を削った上で磨くことが必要で、刃が欠けているところに力をかけると、もっとひどい状態になってしまいます。

刃を修復させたりサビを取り除いたりするのは、刀を修復する専門会社に依頼することが必要です。信頼することが出来る会社であれば、刀の状態ごとに最も良い方法で対処してくれます。

 

高い品質の刀を探すことが重要になる

日本刀を高額な査定金額で買取ってもらうためには、品質が良いかどうかを見定めることも大切です。名刀と呼ばれるような品質の良い刀は、原則として刃が欠けにくくなっています。しかし、なまくらと言う刀は品質が悪く切れ味が良くないだけではなく刃がすぐに折れたり欠けたりしてしまうのです。作成した時点で細かく傷が出来ていたり、粗雑に取り扱われたことによって劣化していたりします。  そのような刀を、どんなに丁寧に取り扱っても高額な査定金額は期待出来ません。

日本刀の刃の破損を防止したいのであれば、出来るだけ良い品質の刀を探す必要があります。品質が高い刀ならば、正しくお手入れをすることによって刃が綺麗な状態を長い期間に亘ってキープすることが可能です。

刀のお手入れは、あまり難しい方法ではありません。原則としては、刀に油を薄く塗るだけです。打ち粉を叩いている場面を時代劇で目にする機会がありますが、打ち粉は油を粉に吸わせるために利用します。古くなった油や、塗り過ぎてしまった油を取り除くのが目的です。刀を清潔な状態に保ち、油を薄く塗るだけで充分にお手入れが出来ます。

高い品質の刀を選び自分で定期的に簡単なお手入れを行えば、刃が欠けるようなトラブルを避けることが可能です。良い品質の刀を選ぶためには、信頼することが出来る専門店で紹介してもらうのが良い方法になります。

 

日本刀は刃こぼれをしたり傷ついていたりしても買取ってもらうことが出来ますが、高額な査定金額で買い取ってもらうためには刃が欠けたり傷ついたりしないことが重要です。そのためには品質が良いものを選び、ちゃんとお手入れすることが必要になります。

よく読まれている記事