Skip to content

日本刀・刀剣の持ち運び方とは?

家にある日本刀などは、買取専門業者のところに持っていけば、買い取ってもらうことができます。ただ、持ち運びをするときは、銃刀法違反に当たらないように、しっかりと保護しておいた方が良いでしょう。登録証は確実に持ち運ぶ必要があります。

 

日本刀を買い取りしてもらうなら専門業者

もし所有している日本刀を買取してもらいたいと感じているなら、高額な買取査定金額をつけてくれる、人気の高い業者にお願いしましょう。日本刀に関しては、鑑定士の実力に応じて、大きく値段が上下します。できるだけしっかりとした目を持っている鑑定士が在籍しているような、確かな業者に声をかけることが大事です。

今まで日本刀等を手放したことがない人は、実際に手放したことがある人の体験談等に目を向けた方が確実だといえます。一般的に選ばれ続けている、日本刀買取専門業者をピックアップするためにも、最低でも口コミ位はチェックしておいた方が良いでしょう。

その上で、買取専門業者のホームページを見るのがオススメです。今までの買取事例なども確認できる場合があります。また、高額な買取査定をつけるためのコツや、基準といったものも記載されていることがあるでしょう。今自分が所有している日本刀が、本当に高い値段で手放せるかどうか、鑑定してもらう前にある程度見極めるきっかけとなります。

もちろん、鑑定しなければ何とも言えないものもあるので、諦める前に見てもらうのが1番です。思わぬお宝かもしれないので、傷をつけずにコンディションをベストな状態にし、しっかりと見せられるように工夫をしましょう。どんなにプレミアがついた日本刀でも、サビや傷が付いていると値段が下がるので、そこだけは注意です。

値段が高くなりそうなものであればなおのこと、日ごろから丁寧に取り扱うことが大切だといえます。

 

持ち運ぶ時には細心の注意を払おう

また、日本刀に関しては、持ち運ぶときに気をつけなければ銃刀法違反とみなされてしまう可能性があります。例えば電車などの、いろいろな人たちの目につく公共交通機関を利用する場合、腰に差して歩くのはご法度です。今の時代の昔の時代は違うわけですから、そこは理解しておきましょう。包帯等でぐるぐる巻きにして、キャリーバックに入れて運ぶのがベストです。

また、その際には目的をしっかりと記載した登録証を持ち歩くようにしましょう。これなら、銃刀法違反に当たらず、買取専門業者のところまで安全に持ち運ぶことができます。警察官に質問されても、特に問題はないです。ただ、警察官の主観によって判断されてしまうこともあるでしょう。それでも登録書があれば問題は無いですが、そうなってしまった場合は職務質問なども受けたりし、時間がもったいないです。

そうなるリスクを考えると、やはり郵送などで買取専門業者のところに送った方が早いといえます。非常に大事なもので、どうしても目の届かないところに置くのが不安だと言う場合以外は、業者に郵送で見てもらった方が良いでしょう。現代の買取専門業者は良心的で、送料等を全て負担してくれる業者も多いです。しっかりと鑑定してくれますし、鑑定結果に不満があるなら、再び業者の送料持ちで、返品してくれることが多いといえます。ノーリスクで見てもらえるので、悩んでいるくらいなら、一旦鑑定してもらったほうが良いでしょう。

 

遺品整理の時などにも活用できる

実際に、本物の日本刀などは、かなり昔のものなので、遺品整理の時に出てくることが多いです。もしくは不用品買取の領域になるので、どちらにしても業者に家に来てもらったり、郵送したりすることが多いといえます。持ち運ぶにはリスクのあるものなので、その事は理解しておきましょう。

出来る限り持ち運ぶことのないように、工夫をすることが大切です。何よりも持ち運んでいる間に傷をつけてしまうことも多々あります。
配送業者などにお願いすれば、取り扱いを心得ているので問題ないでしょう。ただ、素人の場合は乱雑に扱うと、それだけで貴重な日本刀に傷をつけてしまうことがあります。あまり知られてないかもしれませんが、日本刀の扱いがわかっていない人が鞘に収めようとすると、それだけで鞘の内側を削ってしまうことがある位です。切れ味の良い日本刀であれば、それに付随したアイテムもデリケートにできているので、せっかくの名刀の値段を、自分の手で下げないようにしましょう。

このように数本しかない、プレミアがつく技ものであれば、びっくりするほどの値段がつく可能性もあります。もちろん、本物ばかりではなく、中には贋作と呼ばれる偽物もあるので、どちらにしても、その辺は初心者では見分けがつかないはずです。買取してもらう意思がないにしても、鑑定してもらうだけなら無料で実践してくれるので、価値を理解している業者にまずは見てもらうのが良いでしょう。値段を聞いた上で、手放すか、もしくは所有しておくかを決めても全く遅くないといえます。

 

日本刀は、持ち運ぶ時は銃刀法違反に当たらないように、注意をする必要があります。目的がはっきりしていて、登録証1つあれば、特に問題なく持ち運ぶことができるでしょう。
ただ、本体に傷を付けないように、包帯等でぐるぐる巻きにして、クッションにする工夫などが必要です。買取専門業者にお願いするときは、郵送で鑑定してもらうのが、無難なやり方だといえます。