Skip to content

日本刀の携帯で注意すべきことは?

日本刀を携帯する時の注意点は、2つあります。

1つ目は、刀を持っていることを分からない状態にする必要があります。

法的な問題がありますから、ゴルフバッグなどに収納しておくのがおすすめです。

もう1つは登録証です。

 

ゴルフバックなどに入れて持ち運ぶのがおすすめ

日本の法律では、原則として刃物などは持ち運びができません。

銃刀に関する法律に抵触してしまうからです。

ですから身近な物でも、持ち運び事はできませんので注意が必要です。

例えばカッターナイフです。

仕事などでカッターナイフを使用する時などは、カバンなどに入れて持ち運ぶ必要があります。

あくまでもカバンなどに収納しておく必要があります。

というのも現行の法律では、カッターナイフなどをポケットに入れて持ち運ぶのは原則禁止されているからです。

特に刃の長さが10センチなどを超えるカッターナイフは、要注意です。

それぐらいの長さになると凶器であると見なされますから、ポケットなどに入れて持ち運ぶことはできません。

ですから刃の部分が長いハサミなども、実は持ち運びできません。

逆に、そのハサミやカッターナイフを持ち運んでいることが分からなければ、特に問題ない訳です。

カバンなどに収納していれば、中身にカッターナイフが入っていることは分かりません。

それは刀も同様です。

外から見て分からない状態にする必要がありますから、刀袋に収納するのは控える方が無難です。

袋に入れるというより、むしろゴルフバックが推奨されます。

ゴルフバックを運んでいる姿だけでは、いかにもゴルフ用品を運んでいるように見えます。

そのバックの中に刀が入っているのは、通常は分かりません。

ゴルフバックだけでなく、カメラ機材などを収納するケースでも、特に問題ありません。

一番良くないのは、刀がむき出しの状態で携帯することです。

むき出しの状態ですと、呼び止められて質問されてしまう可能性もあります。

 

日本刀を所持するなら登録証も必要

ところで刀には、必ず登録証があります。

販売店などで刀を買うと、必ずその証明書も添付される訳です。

その証明書がないとトラブルになる可能性がありますから、注意が必要です。

そもそも銃刀には、様々なルールがあります。

法律がありますから、もちろん銃などは所持することはできません。

ですから「刀を持つなら警察の許可が必要」であると思い込まれていることも多いです。

確かに登録されていない刀を持つのは、法に触れてしまいます。

しかし登録済みの刀なら、所持していても構いません。

販売店から証明書を手渡される理由も、そこにあります。

未登録の刀を渡してしまうのは、様々なトラブルの元になるからです。

その証明書にもフォーマットがあって、種別や長さや反りなどの項目が全て明記されています。

証明書の上側には割印が捺印されていて、通常は左下側に四角い印影があります。

つまり証明書には、2ヶ所に捺印されている訳です。

どこから証明書が発行されるかというと、各市区町村の委員会です。

ですから刀を販売しているお店としても、必ず委員会で登録の手続きを踏んで、登録証を発行している訳です。

刀を所持するなら、必ずその登録証もワンセットにしておく必要があります。

ただ人によっては、やや状況が特殊なこともあります。

例えば遺品整理です。

家族に不幸があって品物を整理していると、たまたま刀が見つかるケースもたまにあります。

しかし刀だけが見つかって、登録証が見当たらないこともよくあります。

その場合は、審査を受ける必要があります。

公的機関にて所定の手続きを踏んで、まず刀の審査を受ける訳です。

審査を受けた結果、特に問題ないと判断されれば、改めて登録証が発行されます。

もちろんその証明書は、刀とワンセットの状態にしておく必要があります。

 

外に持ち運ぶ時は刀と登録証はワンセットにしておく

ただ買った刀は、何らかの理由で外に持ち出しすることもあります。

外で携帯したい時は、上述の登録証が必要です。

つまり外に刀を持ち出すなら、登録証とワンセットの状態にする必要があります。

ですから例えば、何かの理由で刀を家の外に持ち出したとします。

しかし刀の証明書が自宅に置いたままの状態にしてしまうのは、望ましくありません。

警察に呼び止められて質問されてしまう可能性があります。

刀を外に持ち出すなら、必ず証明書も一緒に持ち運ぶ必要があります。

両者を離れた状態にしないよう、注意が必要です。

それに加えて、刀はゴルフバックなどで包んでおく方が望ましいです。

上記でも少々触れた通り、刀をむき出しの状態にしてしまいますと、やはり呼び止められてしまう可能性があります。

万が一呼び止められても問題ないように、刀と登録証は常にワンセットの状態にしておく方が良いでしょう。

ですからゴルフバックの中に登録証も入れておく方が無難です。

 

つまり刀の携帯に関する注意点は、主に2つあります。

外に持ち運ぶ時は、必ずゴルフバックなどで刀が分からない状態にする必要があります。

そして登録証が一番大切で、必ずそれを日本刀とワンセットにしておくのが望ましいです。

よく読まれている記事