Skip to content

刀剣を買取にもっていくときに安全に運ぶ方法

自宅や蔵などに眠っている刀剣は、買取専門業者に査定を依頼することで買取もしてくれます。

ただ、持ち運びをするときは銃刀法違反にならないように、しっかり刀袋に入れて登録証も一緒に持っていきます。

ここでは刀剣を安全に運ぶ方法を紹介します。

 

刀剣の買取を依頼するなら専門業者に

所有している刀剣を買取するときには、高値をつけてくれる可能性がある人気があって専門の業者に依頼するのがおすすめです。刀剣は鑑定士によって大きく値段が変わるため、しっかりとした目があって判断出来る鑑定士が在籍している確かな業者に依頼するのが望ましいです。

初めて刀剣を売却するときには、これまでに実際に買取を依頼したことがある人の話を聞くのが一番わかりやすいです。一般的に選ばれている買取専門業者を絞り込むには口コミなども参考になります。

それから、最近はインターネットで全国展開している業者も多数あるので気になった業者の公式サイトを確認するのも重要です。これまでの買取の実績や査定依頼の仕方など詳しく掲載しているので、初めての時でもとても頼りになります。

他にも高額な買取査定にするためのポイントや基準なども書かれています。 自分が所有している刀剣が本当に高い価格で売却出来るか、鑑定してもらう前にもある程度判断をすることも可能です。

実際に鑑定しないと本来の値段はわかりませんが、そのまま諦めるよりも見てもらうのが確実です。自分では予想してなかった品の可能性もあるので、傷などをつけないで良い状態にしてしっかりと見せられるようにしておきます。

レアで貴重な刀剣でもサビや傷などがついていると価格も下がってしまうので、刀袋に入れて傷などがつかないようにしておくことも重要です。 値打ちがありそうなものは、普段からのお手入れや取り扱い方も大切になります。

 

持ち運ぶ時には細心の注意を払おう

刀剣を買取依頼するときには安全に持ち運ぶ必要がありますし、注意しないと銃刀法違反になります。電車など他の人の目につきやすい公共交通機関を利用するときは、布なのでぐるぐるに巻いてキャリーバックなどに入れてから見えないようにして運びます。

運ぶときには目的をしっかりと記載している登録証も一緒に持ち歩きます。これだと銃刀法違反になることもなく、専門業者のお店まで安全に運ぶことが可能です。

警察官に質問された時もとくに問題は起きませんが、警察官の主観によっては危ないと判断されることもあります。 その場合でも、登録証があれば罪に問われることもないですが、ない時は職務質問などされて違法で捕まる危険もあります。

また、飛行機などは機内に持ち込むことは出来ません。そこで機長預けという方法があって、これはチェックインするときに刀剣があることを申し出、同時に依頼します。

すると一般貨物室とは異なる部屋に丁寧な扱いで入れられて運んでもらえます。チェックインしたときに機長預けの預かり証をもらえるので、到着空港の手荷物ロビーの係員にそれを見せれば受け取れます。

どの場合でも、個人で運ぶのはかなりのリスクもあるので郵送などで専門業者へ送るのが早いです。とても大切なもので目が届かない所にあると不安に感じる品以外は、業者に郵送して査定をしてもらうのが安心です。

専門業者は大体は送料なども負担してくれてしっかりと鑑定も行い、結果に不満がある時は業者が送料を負担して返品もしてくれます。 リスクが殆どなく査定をしてもらえるので、運ぶのに不安がある時は郵送した方が良いです。

 

遺品整理の時などにも大いに活用出来る

本物の刀剣は昔のものが多いので遺品整理などで出てくることも珍しくなく、不用品買取の段階になって業者に自宅まで来てもらったり、郵送などで鑑定依頼することもあります。持ち運ぶとリスクもあるので先にそのことは確認しておいた方が良いです。

出来れば持ち運びをしなくて良いようにするべきでしょう。運んでいる間に傷をつけてしまうことも少なくないです。

配送業者などに依頼すると取り扱い方も慣れているので問題ないですが、素人だと乱暴に取り扱ってしまい貴重な品に傷をつけることになります。 刀剣の取り扱い方がわからないと鞘におさめるだけでも、鞘の内側を削ってしまいます。

切れ味が良い刀だとそれに付随している物も大変デリケートなので、名刀でも価値が下がってしまいます。 とくに、他に中々出回ってなくレアな品だと、驚くほどの高額な価格がつく可能性も高いです。

本物ではなく中には贋作と言われる偽物もありますが、これも初心者だと見分けることは不可能です。 売却するか決めてなくても査定だけなら無料で行ってくれるので、本来の値打ちや価値を知りたいときにはまずは専門の業者に鑑定してもらうのが良いです。

価格を聞いてから買取をしてもらうか、それとも手元に置いておくかも決めることが出来ます。 自分で持っていくときも、業者へ宅配で送る時にも品が傷つかないように大切に扱うことは一緒です。余計な傷などがつかないようにきちんと保管しておくことが欠かせません。

 

刀剣は持ち運ぶときは銃刀法違反にならないように、注意が必要です。目的がはっきりしていて登録証があれば問題なく運ぶことは出来ます。本体は傷がつかないように布などできちんと巻いてクッションなども敷き詰めたりと工夫は必要です。郵送でも同じですが自分で運ぶよりは安全です。

よく読まれている記事