Skip to content

日本刀専用のケースはある?

日本刀はきちんとしたケースがあり、出歩く際にはそれに納めていかねばなりません。

真剣であれ摸造刀であれ、入れることをせねば警察に職務質問されることもありますので、扱いには十分に気を付けて、また気を配って持ち歩くようにしてください。

 

日本刀を買ったからにはケースも重要

美術品として刀を購入したい、またこれから武道として前から興味があり好きな刀と触れ合いたいというのであれば、摸造刀や真剣を買う検討をしていくことでしょう。

日本刀と言っても、古刀から現代刀まであります。

美術品収集コレクターの方は、大体が美術品として古刀を探して鑑賞用として購入をします。

一方、コレクターでありながらも、武道として居合を嗜み、そして実際に利用をしているという人もいます。

これから美術品として、または武道を通して真剣を扱いたいというのであれば、まずは刀というものを知らねばなりません。

一つ言えるのは、扱いというのは手入れや鞘から抜くことや納め方を知るのも大事なことではありますが、それ以外にも持ち歩く際に対しての気配りをしなければなりません。

それは、例え真剣でなく摸造刀であっても、重要なことです。

刀というのは、傷をつけることもできますし、昔では武器として扱われていました。

一方、武器である反面に神々の神刀としても扱われてきたものでもあります。

その刀など、どうしたら持ち歩けばよいのか、保存をしたらよいのかなど迷うところでしょう。

まずは、美術品として家の中で保存する場合は刀掛けにかけて鑑賞をします。

押し入れなどにしまい込むのであれば、刀袋に入れて大切にしまいましょう。

しかし、それ以外に持ち歩くのであれば刀の専用のケースに入れることです。

刀を入れるものはあるのかという質問があれば、答えはあります。

それは、居合道をする人であれば知っていますが、武道具店にも販売しています。

こちらは、2尺5寸までのものであれば3千円代からインターネットでも販売をしています。

良いものになれば、5万円位のものや特注で造れば数十万円のものなどがあります。

その人の好みによって選ぶことになりますが、出歩く際には必ず入れて歩くことが重要です。

 

刀ケースを入れて移動をする大切さ

真剣でなくても、摸造刀でも刀の専用の物に入れて移をしなければなりません。

そうでなければ、不審物としてみなされて警察から職務質問を受けてしまいます。

実際に、刀袋だけで持ち歩いていた人がその袋の長さから不審におもわれて警察から職務質問を受けたということも聞きます。

摸造刀でも、人を傷つけることができますから、持ち歩く際には専用のケースに入れて歩くことが大切です。

専用の物で持ち歩けば、警察側も武道をしている人だとわかります。

また、持ち歩く際には居合道を習っている人であれば、連盟の手帳やさらにそれを証明する証書を持ち歩くと良いでしょう。

職務質問を受けた際に、きちんとしたところに所属していることがわかります。

 

インターネットでも手軽に購入できます

今や刀の専用の物も簡単にインターネットから購入することが可能です。

多くの武道具店がインターネットサイトで販売をしていますから、欲しいのであれば武道具店のサイトをご覧ください。

居合をする人は多く、その連盟の数も複数存在します。

さらに個人団体で開催している居合道の方もいますから、刀を扱う人は意外に多くいます。

ゆえに、武道具店では種類を揃えて販売しています。

普通の物もあれば、カラーが豊富なものもありますし、鹿皮で作られた上質なものもあります。

また、納める刀の長さによって違いますから、購入する際にはサイズを確認して買ってください。

多くの物は、2尺5寸までの物が多く、さらにそこから長いものは金額も変わってきます。

他にも、ジュラミンのようにしっかりとしたものもあり、その種類は豊富です。

日本刀を持っているのであれば、きちんとした専用の物に入れて保存をし、美術品であれば時折手入れをしてあげること、また居合や抜刀術として利用しているのであれば、毎回手入れをしてケースに納めておきましょう。

刀を大切にすることで、刀も喜びます。

せっかくの真剣を手にしたのであれば、サビをできるだけ作らないように努力をすることです。

置き場も考えておいてください。

湿気のあるところや日が差す所は避けてください。

日陰で湿気のないところが良いでしょう。

また、湿気とりなどを専用の物に入れた刀を置いておくのも良い考えです。

保存をすることにも、しっかりとしてください。

その為にも、刀の専用の物は必要です。

家族の人がやたらと抜いてしまうということを避けることができますし、保管もしやすいということです。

 

日本刀を持っている、または摸造刀を持っているのであれば、出歩く際には刀の専用の物に入れて持ち歩きましょう。

例え、摸造刀でも外で持ち歩くのであれば専用の物に入れておかねば不審物とされてしまいます。

また、ケースは保管にも優れています。

インターネットで簡単に購入できますから、持ったからには買いましょう。

持ち歩きやすく、ショルダータイプの物が使いやすいのでおすすめです。

よく読まれている記事