Skip to content

傷がある日本刀でも買取可能?

要らない日本刀がある場合、それを専門の業者に買い取ってもらう事は決して珍しい事ではありません。

ただ、美品であれば買い取ってもらえそうだと言うのは素人目に見ても分かりますが、傷がある場合は本当に買い取ってもらえるのか分からないと心配になってしまう人もいるでしょう。

では実際に、買取の対象となるのでしょうか、それとも残念ながらその対象にはならないのでしょうか。

 

日本刀にできている傷はどんな状態か?

日本刀は鋼を何度も鍛錬するので、刀身には多かれ少なかれ傷があるものです。

とはいえ、そうした作る時にできたもの以外にも、その保管状態その後の手入れによってできてしまう場合も珍しくありません。

例えば、刀身に砥石を当ててしまった事によって、光の反射が他の所とは全く違う状態になってしまう事もあります。

また正しい手入れをしていなかったが為に、表面に黒い斑点が複数できてしまう事もあるのです。

この斑点の正体は錆びです。

日本刀はどうしても保存状態によっては錆びてしまう事もあり、そのまま放置しておくとその斑点の数も増えて行ってしまうので注意が必要です。

 

買い取ってもらう時はできるだけ美品の方が良い

自分が売っている日本刀を買うとなった場合、汚いものでも良いと考えるか、きれいに手入れされているものの方が良いと考えるか、どちらでしょうか。

実際にはやはり美品となっている物の方に人気があり、需要も高くなっています。

だから、買い取りを行う業者に関しても、きれいなもの、手入れが行き届いているものの方が高く評価する傾向となっているので、買い取ってもらえる事が多くなります。

ただ、傷があるからと言って絶対に買い取ってもらう事ができないと言う訳ではありません。

例えば小さな物であれば、きれいに磨けば殆ど目立たない状態にする事も十分可能だからです。

また業者によっても扱いが違い、一つの所では買い取ってもらえなかったものでも、別の所に行けば買い取ってもらえると言う事も有り得ます。

もちろん美品に比べると査定額が安くなる事は仕方がありませんが、絶対に売る事ができないと言う訳ではありません。

ただやはり美品の方が高く評価されるので、なるべくきれいな状態にして持って行くと良いでしょう。

また付属品がある場合は全てセットにしておく方がより状態が良いと判断してもらいやすくなります。

 

何でもかんでも磨けば良いという訳ではない

実は、日本刀に限らず刀剣と言うのは、査定額は一定ではなく様々な要因によってどんどん変わります。

だからその刀身の美しさも重要なポイントになって来ますが、それ以外にも需要と供給のバランス、さらにその刀匠の作風、もちろんそれ以外にも年代とか箱の有無等、色々なポイントをチェックして総合的に査定額を算出する形です。

だから、きれいであれば必ず高いと言う訳ではないと言う事を理解しておきましょう。

まず傷自体は決してマイナスな要因となるとは限らず、時代の証として評価される事もあります。

またそもそも予め研磨してから査定してもらうとなると、事前に研磨代が必要となります。

しかし研磨代自体は比較的高額となる事も多く、磨いていない時と磨いた時との査定額の差よりも、研磨代の方が高くなってしまう事も珍しくありません。

また研磨をしたからといって必ず買い取ってもらえるとも限らないので、まずはそのままの状態で業者に査定してもらうと良いでしょう。

また、研磨代を節約する為に自分で磨くと言うのはあまりおすすめではありません。

なぜなら、自分で磨くと刃紋等が消え、刀本体の値打ちが下がってしまう事があるからです。

 

何度も鍛錬して作るものなので、どうしてもその表面には多かれ少なかれ傷があるものです。

とはいっても、その程度によっては本体の査定額に大きく影響を及ぼしてしまうのものあるのが実情です。

やはり、なるべくきれいなものの方が高く評価される傾向となっているからです。

ただきれいであれば必ず高額で買い取ってもらえるかと言ったら決してそうとは限らず、刀匠、需要と供給、箱の有無等によっても変わってきます。

また業者によっても判断基準が違っており、磨けばきれいになる程度の状態であれば買い取っても、それでもきれいにならない程度の物の場合は買い取らないと言う事もあります。

もちろんその反対にどの様な状態であっても買い取ると言う所もあるので、全ての業者が同じ対応と言う訳ではありません。

また事前に研磨してから持って行く方が見た目は良くなりますが、研磨代が高額になる事も多いので、実際にはわざわざ業者に査定してもらう前に磨かず、そのままの状態で持って行きまずは査定してもらうと言う方が余計なお金も時間も必要ないのでおすすめです。