Skip to content

刀剣は無料で買取ってもらえる?

日本古来から伝わる、伝統的な武器といえば刀剣ですが、当然ながら現在では武器として使うことはありません。

しかし美術品としての価値も認められていることから、価値が高いものや状態が良いと判断してもらえたものならば、高額で取り引きされるものもあります。

そんな刀剣は無料でも買取ってもらえることができるのでしょうか。

 

刀を処分したいときには

自宅にある刀を処分したいと考えた時には、どのような方法があるのかや、刀は取り扱いが危険ということもあり、処分は面倒と感じることもあるのではないでしょうか。

廃棄処分を行うとなれば、手間もかかり一円も手にすることはできません。

その場合には、無料で処分できてなおかつお金を手にすることができる可能性を秘めている、刀の買取業者に依頼して査定してもらうというのが賢い選択肢といえるのではないでしょうか。

刀の価値は素人には判断できないものが多く、価値はないと思い処分を考えていたような刀の場合でも、思いがけず高額で買い取ってもらうことができるものもあります。

そうなれば、廃棄による処分の手間がかからないだけではなく、臨時収入にもなるので一石二鳥ということになります。

 

刀を買取業者に行うメリットとは

業者に買い取ってもらうことにより、手間がかからず無料で手放すことができるというのは大きなメリットではないでしょうか。

本来ならば捨ててしまおうと思っていたものが思いがけず高額で売れるということは珍しくはありません。

近年では、査定はお金は不要で行なっている業者が大半となっていることや、買い取りの方法も様々というのも魅力の一つとなります。

店頭による買い取りを行なっている業者ならば、持ち込めばその場で査定して結果を伝えてもらうことができるので、予約をしてから足を運べば思い立ってすぐに買い取ってもらうことができ、すぐに手放すことができます。

宅配の場合には手間もかからず、スタッフに会う必要もありません。

出張ならば待っているだけで良いので、重たい思いをすることもなく目の前で査定してもらうことができるので、より安心感もアップします。

 

買取業者ならば査定が無料なところを選ぶべき

査定に関してはお金は発生しないというところが大半ですが、中には売らないという選択肢をした場合には出張料や郵送料、そして査定料が発生することもあります。

その場合には、本来ならば捨ててしまおうと考えていた場合には、業者にそのことを伝えて引き取ってもらうことができないのかと考えるのではないでしょうか。

しかし、業者によって値段がつかないとされた刀を引き取ってくれるかどうかには違いがあるので事前にしっかりと確認しておかなくてはなりません。

余計なお金を支払う必要がなく買い取りを行なってもらうことが本当にできるのか、実際には査定料が発生してしまう可能性があるのかは、業者ごとに大きな違いがあることは確かです。

事前に電話などで問い合わせておき、本当にお金が不要なのかということをチェックしておくようにしましょう。

 

気をつけておくべきポイントとは

お金にならなくても無料でも良いから処分したいという時には、査定額は気にしないのでどこの業者に申し込んでも良いと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかしその際に気をつけなくてはならないのが、業者によっては価値がないと判断したものは買い取ってもらえない可能性があるだけではなく、引き取ってももらえない可能性もあるという点です。

ただ値段がつかず引き取ってもらえないだけならば、他の業者を探してみれば良いので問題はありません。

しかし、宅配や出張による買い取りの方法の業者の場合には、買い取ることができない刀だった場合には出張料や郵送料を支払わなくてはならなかったり、査定料を支払わなくてはならないということも稀にあります。

店頭による買い取りを行なっている業者の場合には、持ち込むことになるので値段がつかないとなれば持ち帰るだけで良かったり、処分するために引き取ってもらえることもありますが、それも業者による違いが大きいのでよく比較してから依頼する必要があります。

 

刀の買い取りを行なっている業者に依頼すれば、買い取ってもらうことができると考えてしまいがちですが、価値がないと判断されてしまったものに関しては買い取りが不可となるケースもあるのでよく確認しておくようにしましょう。

日頃刀を売る機会は滅多にないからこそ、買い取り業者はそう多くはないと考えてしまいがちです。

しかし実際には、刀の買い取りを行なっている業者は豊富にあり、専門で行っているところもあります。

どの場合でも登録証が必要不可欠ということは忘れてはいけないポイントとなってきます。

登録証のない刀に関しては、所有はもちろん売買をするのも法律違反となってしまうので、売りたい刀が見つかった場合には登録証が添付されているのかということをチェックしておき、ない場合には探しておきましょう。

それでもない場合には発行しておく必要があります。

鑑定書や付属品に関しては、必須ではありませんが買取価格に違いが生まれるので揃えておくべきです。