Skip to content

買取に出した日本刀が贋作だった場合はどうなる?

日本刀は美術品としても価値があるもので特に名刀と呼ばれるものは高値で取引されています。

一方で美術品にありがちなのが贋作の存在で、名刀として購入したものが偽物というケースも少なくありません。

日本刀を買取ってもらう時に贋作だった場合にはどうなるのでしょうか?

 

そもそも日本刀を理解する必要がある

日本刀といえば、漠然と日本で作られた反りのある細身の刀剣といったイメージがあります。しかし細身の刀剣というものは実用性から見れば折れることも多く、実用性を高めるための工夫をしたものが日本刀です。

日本刀の仕組みとしては柔らかい鉄を芯に使い、それを硬い鋼で包むようになっており、さらに真っ直ぐではなく反りを付けています。奈良時代頃は真っ直ぐな刀が主流でしたが、平安時代以降は反りの入ったものが主流になり、この時代以降に作られたものが日本刀とされます。

もっとも刀は鉄ですから日頃の手入れをしなければなりませんし、使えば切れ味が落ちるため研ぐ必要があり研ぐことでより細くなってしまい実用的に使われてきたものの現存数は極めて少数です。 日本刀の特徴は、靭やかさと硬さを両立し折れにくく切れ味が良い刃物となっており、これによって耐久性と切れ味に優れています。

本来は武器としての実用品であり16世紀の戦国時代においては各地で大量に生産されましたが、その一方で刀を造る鍛冶師の技量や知識によりその品質が大きく変わります。名刀と呼ばれるのは優れた鍛冶師が作ったものでありその多くは、切れ味はもちろんですが造形的な美しさも兼ね備えており、美術品や宝物としての価値が昔からあるものです。

しかし、それが誰の作であるかを知ることは難しく、その多くは刀に彫り込まれた銘や外見的な特徴などから判断するしかありません。

 

贋作は昔から出回っている

日本刀の分類は、16世紀の戦国時代以前に作られたものは古刀と呼びそれ以降のものは新刀と呼ばれています。戦国時代には武器として大量に作られその中には切れ味と造形美を兼ね備えた優れたものが登場しています。

一方で天下泰平の世が続く江戸時代では実用性よりも美術性を追求したものが多くなっており、見た目に美しいものが多く見られるものです。古刀の多くは文化財の価値も高く、このため国宝や重要文化財に指定されているものも多く、天下五剣と呼ばれるものはその代表です。

現実的にあまりにも有名な刀は、たいていは格式のある家の家宝や寺社仏閣の所蔵品として伝えられてきたものであり、美術品で流通することはなく、そもそもその銘が打たれている時点で贋作の可能性が高いものになります。しかし、江戸時代に作られたもので名刀と呼ばれるものは、武士階級の人々が個人で所有しているものも多かったため、その数も多く流通しており、美術品として扱われています。

ただ名のある鍛冶師が造ったものはその価値が高いため高値で売買されるということもあり、昔から贋作が出回っているもので、名刀と伝えられてきたものが実は贋作だったということも多くあります。このために古くから鑑定士が鑑定を行って、真贋を見極めそれによって鑑定書が付けられることがありますが、美術品の世界においては鑑定書も偽物ということもありますから注意が必要です。

 

贋作の見極め方と贋作だった場合は?

日本刀の贋作の見極め方は、第一には信頼できる鑑定書があることで、公益財団法人の日本美術刀剣保存協会の保存刀剣鑑定書があれば安心です。この協会は30年以上活動しており、美術品として流通しているものの多くは鑑定を行った上で取引されています。買取をお願いするにしても、この協会に鑑定を依頼してもらってから行うと良いでしょう。

一方で上級者になれば銘を見るだけで判断することが可能で、雑なものは後から掘られた可能性が高いものです。それと鍛冶師にはそれぞれ特徴があり、同じ鍛冶師であれば他の本物の刀を見れば特徴からかわかります。

ただ、いずれにしても真贋を見極めるのは知識が必要で信頼できる鑑定士に依頼するのが無難な方法です。 買取を依頼した日本刀が贋作だった場合については、名刀としての価値が失われるだけのケースがほとんどで、特にペナルティを受けることはありません。

例え無名のものであっても美術的に優れたものであれば、一定の価値があります。ただやはり銘がないと極めて低くされ、さらに後から銘を入れたようなものは価値が下がってしまいます。

なお、偽物と知って本物として買取を求めた場合には詐欺罪に問われる可能性があるので注意が必要です。 それと買取業者があえて偽物であると鑑定して安く買い上げるといったケースも存在します。このようなことを避けるためにも特に価値の高いものは第三者に鑑定をしてもらうのが無難です。

 

贋作であっても、それを本物と信じていれば罪に問われることはありませんが、その価値は著しく低下することになります。また見極め方も難しく、特に名のあるものであれば専門家に鑑定してもらって真贋を確かめた上で買取を依頼するのがトラブルを避けるためには有益です。

よく読まれている記事