Skip to content

失礼に当たる?模造刀も買取をお願いしてよいのか

刀のマニアだという方の中には、真剣だけではなく手に入れやすい模造刀を集めている方もいます。

コレクション整理のために模造刀を買い取ってもらう場合、依頼する業者によっては失礼になってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

模造刀の買取サービスはあるのか?

日本刀愛好家の中には模造刀を集めている人もいます。そもそも、これは真剣とは材料や造り方が異なっているため、価値も大きく違っているのです。

日本古来の伝統的な製法で鋼を鍛えて造られたものが、正式な真剣の日本刀として扱われています。真剣に似せて鉄以外の材料で造られたものを模造刀と呼び、近年では模擬刀とも呼ばれているものです。

模擬刀はインテリア品や観賞用として利用されることが多いのですが、真剣よりもかなり価値が低いと言えます。合金や天然素材を使用している場合は多少の値段がつきますが、観光地で販売されているようなプラスチック製となるとほとんど値段はつきません。

そのため、手放したいと考えたときに買い取ってもらうことができるサービスがあるかどうか不安に感じる人もいるのではないでしょうか。しかし模擬刀であっても買い取ってくれる業者は存在しており、業者は大きく分けて二つあります。

まずはリサイクルショップ趣味グッズの専門店による買取サービスです。こういったお店では価値が低いとされるプラスチック製のものでも買い取ってもらえるケースがあり、数百円程度の価格がつけられることもあります。

そして、もう一つは専門の買取業者を挙げることができるのです。ただし、専門の業者の場合は真剣以外を取り扱っていないことが多いので、どういった剣を取り扱っているのか事前にチェックしておくことが必要だと言えます。

 

模造刀の買取を行っている専門店もある

模造刀の買取を行っている専門店は、少ないながらも存在しています。真剣の売買を行う傍らで、インテリア品や観賞用として買取や販売を行っているケースもあるのです。

しかしながら、こういったお店の方が稀だと言えます。基本的には真剣を取り扱っている店舗では摸造品を扱っていませんので、いきなり模造品を持って訪れると恥をかいてしまう可能性もあるのです。

最近では公式ホームページを持っている専門店が多いので、まずは買い取ってもらえるか調べる必要があります。特に何も記載されていない場合は刀イコール真剣という扱いですので、持ち込みはしないほうが良いでしょう。

模造品も買い取りますと明示してある場合のみ買い取ってもらえますので、はっきりと記載されている店舗を探さなければなりません。もしも公式ホームぺージがないお店を利用したい場合は、店内の様子を確かめてみてください。

店内が真剣ばかりであれば買取は不可能だと判断することができますし、一本でも模造品があれば依頼できる可能性があります。ただしこういったお店での模造品は、プラスチック製のものは当てはまりません。

最低でも合金や天然素材を用いたもの、もしくは真剣に似せて造られたものであれば可能性があると言えるでしょう。真剣を扱っているお店の場合、模造刀の買取を依頼することは失礼に当たることが多いので注意しておく必要があります。

 

真剣でなければ失礼に当たる可能性もある

そもそも日本刀などの専門店は、模造品を扱うことをまったく視野に入れていないケースが多いです。そういったお店に真剣以外を持ち込むと、失礼だと思われてしまう可能性が高いと言えます。

なかにはホームページ上に模造品の買取不可と記載されている業者も多いです。警察に理由を説明して処分を依頼するように推奨し、直接は記載していなくてもお断りしている業者も存在します。

これらのお店に模造品の買取を依頼すると、受け付けてもらえないだけではなく、相手の怒りを買ってしまう可能性も高いです。真剣だけではなく模造品の買取も行っていると明示している場合を除いて、専門店に持ち込むことはおすすめできません。

もしも自分の持ち物でなければ真剣かどうか区別がつかないかもしれません。その場合はわかる範囲でチェックした上で本物かどうかの鑑定をお願いすると引き受けてくれる可能性はあります。

たとえ模造刀であっても、物によっては購入金額が高値だったものもあるでしょう。そのような品を鑑定してもらうことができないと分かればショックに感じてしまう人もいるかもしれません。

どうしても諦めきれず査定してもらいたい場合は、専門店ではなく多ジャンルを取り扱うリサイクルショップの利用などを検討してみると良いでしょう。日本刀の専門店にお願いするよりは、高い確率で買取の査定が可能である場合があります。

模造品の買取を検討する際は、お店によっては持ち込みが失礼に当たるということを忘れないようにしてください。

 

刀が好きだという方の中には、模造品を集めている人も多いです。コレクション整理のために手放したいと考えているのであれば、持ち込み先に失礼に当たらないかどうかにも気を付ける必要があることを知っておきましょう。

よく読まれている記事