Skip to content

自分が持っている刀は何?買取依頼の時に役立つ刀剣の種類

刀剣と一括りにしてしまう人もいますが、実際には長さや形状から様々な種類に分類されます。

家にあるけどいまいち何の種類の刀剣なのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

買取をして貰おうにもどんな種類なのかは押さえておきたいところです。

そこで今回は何を基準に見たら良いのか押さえておきましょう。

 

時代劇で良く見るのは打刀と太刀

時代劇で良く侍や武士が腰に刀剣を差しているのを見ると思います。それは打刀と太刀と言われているものになります。じゃあこの2つの違いは何なのか、というのが気になってきますよね。

打刀の方は歩兵が使うものとして室町時代以降に作られ、2尺以上のものになります。歩兵が使うので、歩いている時に引きずらないように少し短めの作りになっています。刃の部分は細身に作られていて、抜く時にも抜きやすいように工夫して作られています。飾る時には刃を上にしているのもポイントです。

それに対して太刀は刃長が2尺以上になっており、打刀に比べると長めで幅も太く作られています。騎馬戦を想定して作られているので、多少長くても問題ないのです。ぐんっと反っているのも特徴の一つになります。天下五剣も太刀の5振りのことになります。実は手入れをしていく内に細くなってしまうので、細くなったら打刀として扱われていました。

なんと3尺もあるようなものも存在しています。それは大太刀として分類されていて、通常は博物館に所蔵されているか神社に奉納されていることが殆どです。あまりにも大きすぎてどうやって使ったのか疑問視されているものもありますが、基本的には騎馬戦を想定しています。馬に乗った状態で大太刀を持ち、そのまま馬が走ることによって兵や馬を切り払っていたものとされています。ロマンはありますが、ゲームで出てくるように振り回して薙ぎ払うようなことはできません。

 

商人や農民でも持てたのは脇差と短刀

脇差と短刀は正規の刀剣ではないと当時は分類されていました。そのため商人や農民でも所持することが許されていたのです。江戸時代の武家諸法度によって武士は大小の2振りを帯刀することが義務付けられていたので、脇差と打刀を差していることが多かったのです。

室町時代以降から江戸時代まで盛んに作られていた脇差は1尺から2尺の間の短めの刀剣のことで、腰のところに差すのが一般的でした。大小の2振りを揃えで持っていたので、通常は2振りセットで飾ってあることが多いです。当時は長さに応じて呼称も変えられていたようです。

短刀は1尺以下のかなり短い刀剣のことになります。1尺以下であれば全て一括りにして短刀と呼んでいますが、実際には様々な種類のものがあります。懐刀や腰刀、鞘巻き等様々な呼称があるのです。鍔がないのも短刀の一番の特徴です。そのため女性も持ちやすい刀剣でした。

鎬がないのも寸延短刀があり、特徴的なものが多いです。 鎧通しのように厚みがある造りのものもあり、特注品として作られたものもあります。どちらも反りはあまりなく、脇差でも打刀程の反りではありません。

短刀は鎌倉初期から作られていたのですが、江戸時代以降にはあまり作られることがなくなりました。一方で武家諸法度で需要が増大した脇差は比較的数が多く残っています。そのため買取をする際には数の少ない短刀の方が高く買取してくれる可能性が高いのです。

 

特殊な形状の刀剣の種類って何?

は少し特殊な形状をしていて、反りがなく両側に刃が付いています。諸刃の剣というのはこの刀剣を差しているのです。これは古来からあった形状で、新しいものには見られません。祭具として作られることはありましたが、実用的には使われません。

も実は刀剣に分類されるものになります。基本的には柄の先に穂と言われる剣先を付けた形状になります。時代や用法によって形状が異なるのが特徴です。平三角や十文字等沢山の名称があります。天下三名槍と言われる御手杵、日本号、蜻蛉切が存在します。特に御手杵は長いので刺すことしかできないと言われているのです。

最後が今でも使われている薙刀です。これは槍と異なり、刃が反っているのが特徴です。読んで字のごとく、薙ぎ払うために作られたのがこの薙刀。 薙刀と似ているのが長巻ですが、こちらは少々異なります。太刀に長い柄を付けただけなので、薙ぎ払うことが難しいのです。それでも現在では同じものとして扱われていることが殆どです。

以上が大まかな種類になります。意外と蔵の中を整理していたら刀剣が出てきた、ということも少なくありません。元々武士だった先祖のものが今でも残っているケースもありますが、短刀や脇差は商人や農民でも持つことができたせいか意外と見付かるケースが多いのです。少し古い家なら倉庫や物置を探してみたら、意外と見つかるかもしれませんよ。

 

刀剣が見つかったは良いものの、取り扱いをどうすれば良いのかわからないということも少なくありません。刀剣の種類を把握しておくと鑑賞したり調べたりする上でも楽しむことができますよ。

また、取り扱いがわからないから売ろうと考える人もいます。適当なリサイクルショップで売っては勿体ありません。専門の買取業者にお願いして正しく買取をして貰いましょう。

よく読まれている記事