Skip to content

日本刀の買取はLINEの画像で査定できる

先祖や自分の日本刀コレクションを整理するために、業者による買取を検討している人もいるのではないでしょうか。

買い取ってもらうためには査定が必要となりますが、最近はLINEでの画像送信によって行うことも可能です。

そのため買取の依頼を行いやすいと言えます。

 

日本刀の買取を依頼する方法とは?

日本刀や刀剣を集めている人の中には、コレクション整理をしたいと考えている人もいるでしょう。また、先祖の遺品から日本刀が見つかったときに処分の方法が分からずに困っているという人もいるかもしれません。

そんなときには、業者による買取サービスを利用することがおすすめです。刀専門の買取業者は全国にありますが、一般的な日用品や家電製品などのリサイクル業者と異なって数が少ないです。

長い歴史を持っている業者は東京に集中しており、特に老舗は銀座に多いです。そのため関東に住んでいる方であれば、比較的容易に刀を買い取ってもらうことができるでしょう。

一方、そういった刀専門の買取サービスを行っている業者が少ない地域に住んでいる場合は、店舗に持ち込んで買い取ってもらうことが困難です。その場合は、出張サービス郵送で刀を査定してもらうことができます。

しかしながら、本当に高値で買い取ってもらうことができるのかが不安な場合や、鑑定された金額によっては手元に残すことにしたいと考えている場合もあるでしょう。事前にどれくらいの金額になるのか知ることができると大変便利です。

最近では、そのような方の需要に応えて、あらかじめ日本刀の画像を送ることで査定額を知ることができるというサービスを行う業者が増えています。それもメールだけではなく、最近はLINEを利用した簡単な事前査定も行うことができるようになっているのです。

 

日本刀の査定はLINEでの画像送信でできる

近頃は日本刀の査定をLINEで行うこともできます。刀を鑑定してもらう場合は、詳細な写真を撮影して送らなければなりません。

メールを利用した鑑定を行っていた頃は、何枚も送るとなると画像の容量が大きくなり数回に分けて送信する必要があるなど、非常に手間がかかっていました。しかし、LINEであれば容量を気にせず、何枚でも画像を送信することができるので、より詳細な刀の写真を送りやすくなったと言えます。

素人が撮影した画像だけで鑑定することができるのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、ポイントを抑えておけば正確な鑑定をしてもらうことが可能です。

たとえば無銘かどうかでも、鑑定額は大きく変わってきます。刀匠の名前を彫ったものを銘と呼び、これは中心(なかご)といって普段は柄の中に隠れているのです。LINE査定の際には銘があればその部分の写真も送るべきですので、中心(なかご)に銘があるかどうか確認しておきましょう。なかには無銘でも名刀とされるものがありますが、多くの場合は無銘は価値が低く、銘入りに高い価値があるとされています。

他には鑑定書の有無によっても査定の正確さやスピードが変わってくると言えるでしょう。具体的に送った方が良い部分についての説明は、各業者のホームページなどで説明されていることがほとんどです。写真によって日本刀や刀剣の査定を行ってもらう場合は、他にもいくつかのことに気をつけておく必要があります。

 

日本刀のLINE査定を行うときに気をつけるべきこと

日本刀のLINE査定を行うときに気をつけるべきことは、しっかり鑑定してもらえるような画像を送信するということです。なかには全体の写真一枚だけで良いと思っている人もいるかもしれませんが、それだけでは正確な鑑定は難しくなるので、実際に郵送や出張サービスなどを利用して鑑定をしてもらうと査定額が大きく変わってしまう可能性があります。

送るべき写真の内容としては、全身や刀身の拡大画像、柄を外した部分、拵の全体と拡大画像などがあるでしょう。柄を外したものは銘があるのであれば、銘が読めるように撮影してください。他にも銃砲刀剣類登録証や鑑定証があれば、合わせて送ることをおすすめします。

できるだけ刀を美品に見せるために、都合が悪いと感じる傷などの写真を送らない方もいますが、これでは正確な査定結果が出なくなるので、傷などもきちんと画像で送るようにしておきましょう。

これらすべては鮮明に写っているものを送信するようにしなければなりません。LINE査定では不明瞭であったとしても、後日肉眼で鑑定したときに傷などがあれば、大きな減額の対象となってしまうので注意が必要です。

日本刀は本物であるか偽物であるかをはじめとして、たくさんの部分を確認することで鑑定されます。あらかじめ、正確な買取価格を知りたいのであれば、これらの注意点を守った方法で鑑定してもらうことが大切だと言えます。

 

日本刀を手放す際には、刀専門の買取サービスを利用することがおすすめです。最近ではLINEの画像送信により簡単に事前査定を行うことが可能となっているので、日本刀の鑑定を行ってほしい場合は利用してみると良いでしょう。

よく読まれている記事