Skip to content

日本刀の銘とは?買取に関係する?

要らなくなった日本刀は簡単に処分する事が出来ない為、できれば業者に買い取ってもらう方が無難です。

またその際、何も分からない状態でも確かに売買契約を結ぶ事は出来るのですが、やはりある程度知っておくと良い事もいくつかあります。

その一つがに関してだと言って良いでしょう。

 

そもそも日本刀ってどんなものなのだろう

世界にはその国独特の製法と言うのが存在しており、日本刀は日本固有の方法で作られている刀、剣の総称です。

基本的には柔らかい鉄を芯として、周りを固い鋼で包んで作る鍛造方法が用いられています。

非常に良い切れ味を誇っているだけでなく、その細い形は造形的にも非常に整っていると言われる程です。

また、慶長の始め頃までに作られたものを古刀、その後に作られた物を新刀と呼んで分類しています。

現在日本で所有する為には、都道府県教育委員会から交付された銃砲刀剣類登録証が必要となっており、の登録証が無い状態で所有していると罰せられてしまうので注意しましょう。

売買に関しても登録証が無いとできない事になっているので、登録証が無いことが発覚してしまった時は、直ぐに警察署に行って発見届の手続きを行います。

ちなみに、登録証が無い状態で所持していると罰則の対象となってしまいますが、登録が無い刀を発見して警察署の方に発見届の手続きをしに行ったとしても、もちろん罰せられる事は有りません。

登録証自体は本物の刀に対してだけ発行される物となっており、芸術品としての価値があるかどうかという事でも発行されるかどうかが変わってきます。

そのため、綺麗な状態はもちろんの事、きれいに磨けば再び美しい状態になるのであれば発行される傾向となっていますが、芯までさびてしまっている場合は芸術品としての価値が無いと言うことで登録証は発行されません。

さらに鉄を芯にして鋼を巻きつけてから鍛造している物であれば良いのですが、鉄を打ち延ばして刃を付けただけの物に対しては発行されないと言う事になっているので注意しましょう。

銘って一体どんな物の事だろうか

は刀の茎に切られている物で、作者の名前やその刀が作られた年紀を記しています。

したがって、それを見ればいつ、どこで、だれが作った刀なのかと言う事が分かる物となっています。

大宝律令には刀に切っておく事が義務付けられたと記されています。

とはいえ、現在日本に存在しており、誰が作ったか分かる形になっている刀は平安時代以降の物で、さらにいつの時代に作られたかはっきりと記されているのは鎌倉以降の物になっているので、残念ながら大宝律令が制定された頃に作られたものを見る事は出来ません。

また、刀には誰がいつ作ったかと言うことだけでなく、その切れ味を試す為にどこを切ったかと言った事などが記されている事もあります。

これはその刀自体の性能を表す為に行われた物です。

さらに、現在でも自分の物には名前を記すと言う人もいますが、刀に関しても同様で、自分の名前を切ってもらったというものも有ります。

この場合は作った人だけでなく所有していた人の名前も記されている状態です。

さらに依頼して作ってもらった場合、その依頼した人の名前が記されていると言う事もあります。

売買には影響するのかしないのか

要らなくなった刀は、専門の業者に買い取ってもらう方がより簡単に手放す事が出来ます。

ただ刀自体は確かに芸術品としての価値も高いのですが、実は偽物も多いのが現状です。

その為、本物か偽物かを見極める事がとても重要になって来ます。

一般的に、芸術品等が本物か偽物かを判断する材料として利用される物の一つが鑑定書です。

その物に対して専門的な知識を持っている人が審査を行って発行しているので、その物の価値の高さを判断する為の資料としてよく活用されています。

日本刀は鑑定書が付いている物が多いので、鑑定書の有無で買取り価格が変わると言う事は決して珍しくありません。

また、鑑定書が有れば大体の買取り相場も分かるので、その刀に見合った値段での売買が可能となります。

ただ注意したいのは、鑑定書は登録証と同じものと言う訳ではないと言うことです。

あくまでもその刀の価値を評価した結果として発行されている物が鑑定書だと言う事を理解しておくと良いでしょう。

では、刀に記されている銘は買取価格に影響するのでしょうか。

実は影響する時としない時がある、と言うのが実際の所です。

有名な人が作った刀であったとしても、その真贋がはっきりしなければ買い取ってもらう事が出来ない場合も少なくありません。

反対に無名の人が作った物だったとしても、その価値が高いと判断された場合は高額買取も期待できるからです。

 

刀を売買する際は、登録証が発行されているかどうかと言う事を確認しておくようにしましょう。

またその際は、鑑定書も合わせて持って行く事によって、刀の真贋を明らかにする事が出来るので高額買取が期待できます。

ただ、実際に刀自体は芸術品としての価値があるかどうかということも重要な買取りポイントとなって来ます。

もちろん誰が作ったかと言う事も重要ですが、無名の人でも状態が良い場合は高額買取となる事もあるので、刀工が誰かと言う事等が買取り価格に影響しない事も少なくありません。

よく読まれている記事