Skip to content

日本刀の買取に「刀」以外に必要なものはある?

日本刀の買取に必要な物は、本体だけではありません。

銃砲刀剣類登録証は必ず必要になりますが、場合によっては重要刀剣指定書等無いと困る物もあります。

無い場合には売買以前に携帯して持ち歩くのもNGという事になって来ます。

 

銃砲刀剣類登録証の詳細について

日本には、銃砲刀剣類所持取締法がありますので15センチ以上の刃物を携帯して歩くと違反という事になります。家から出た日本刀を買取して欲しいという場合には、当然この法律の事を意識しておかないといけません。

まず、日本刀には必ず銃砲刀剣類登録証が1つずつ付いており、刀の作者や長さ等の詳細情報が載っています。これは日本刀を携帯したり、売買する時には必ず持って歩かないといけません。

この登録証がある場合には、そこから得られる情報を元に、鑑定を依頼し価値を高める事等を考える事も出来ますので、色々な意味でメリットがあります。他にも、売買したい等で持ち歩くときには、日本刀がそれと分かる形で持ち歩く事等は避けなければいけません。あるいは刀袋等にしっかり入れたり、ゴルフバッグ等で梱包しておくと理想的です。

家の蔵から出て来た物で相当に古かったりすると、銃砲刀剣類登録証が無いという事もあります。その場合には、警察署に日本刀と印鑑持参で発見の報告に行く必要があります。

発見された場所や状況の調査をして貰います。その上で、問題が無いと判断された場合には登録証の発行になります。

ただ、中には日本刀ではなく、模造刀であるという判断だったり、基準に満たない品であるという判定が出る事もあり、その場合は発行されない場合も出て来ます。その時は、古道具の扱いという事になりますので、買取は日本刀とは別の方向を考えていく事になります。

 

特に重要な刀には重要刀剣指定書がある

携帯や売買については、銃砲刀剣類登録証があれば問題はありません。ただ、それ以外の書類という事で重要刀剣指定書が日本刀に付いている場合があります。

これは日本美術刀剣保存協会が発行する鑑定書であり、付いている場合は、特別重要刀剣指定に次ぐランクの鑑定結果がある日本刀という事です。 昭和33年に第1回の鑑定が行われ、当時の審査基準は重要美術品に準ずる作である事でした。この基準は現在に至るまで、大きい変更はされておらず63回になった現在でも、この鑑定書がある日本刀の評価は高い物になっています。

買取の場合に、これも一緒に付いていたなら、お店に持って行けば間違いなく高い値段になってきます。 基本的に日本刀は銘が分かっていた方が、高値が付く傾向にあります。

銘の確認は銃砲刀剣類登録証で出来ますので、ある程度の価値がありそうだと見込める場合には鑑定に持って行くのも1つの方法です。調べて貰うのに数万円掛かりますが、鑑定書があった方がより価値が高まるからです。

ただ、最初から鑑定書が付いているのでしたら、そういった工程を省く事が出来ます。 重要刀剣指定書の他にも、貴重刀剣、特別貴重刀剣が保存刀剣等もありますので、日本刀を発見した場合には、近くにこれらの書類が無いかは必ず確認する事をお勧めします。その上でより、しっかり買取をして欲しい場合には、刀剣専門店を探して依頼すれば間違いはありません。

 

その他の書類と補足事項について

基本的には新たに日本刀を購入した場合には鑑定書を除外すれば、必要書類は全部付いて来ます。それを紛失しない様にすれば問題は無いですが、これ以外に、各都道府県の教育委員会宛てに、所有者変更届を購入者は忘れず出さないといけません。

各地の教育委員会は、それぞれの刀剣を誰が持っているのかをデーターベース化して保存しています。売買で持ち主が変わった場合には、それを更新しなければいけませんので購入者は必ず申告する必要があるという事です。

手続きもさほど難しい事はありません。登録所記載事項と、住所氏名や電話番号を記入し郵便ポストに投函すれば完了になります。費用も無料ですので、後になってから教育委員会から特別の連絡が来るなどという事もまずありません。

各種の登録は、購入した日本刀が武器ではなく美術品や、骨董品として価値がある事を行政機関から認定される為の段取りです。家の中から偶然見つかったり、誰かから譲られたというケースであっても、例外なく適用される物ですので、関係する様な出来事があった場合には必ず確認しておく事をお勧めします。

こういった手続きが済んでいれば、後は定期的に刀身のメンテナンスをしておくだけで問題はありません。定期的に刀身を柄から外し、植物性の専用油を塗っておけば、錆が出ずに長持ちします。研ぎに至っては専門職人の領域になりますので、素人は避けるべきですが、メンテナンスしてある方が買取の場合も良い値段が期待出来ます。

 

銃砲刀剣類登録証が付いているかの確認と、発行についてよく調べておく必要があるという事です。売買と携帯には必須ですので、無い場合には警察に届けないといけません。その上で、重要刀剣指定書等の鑑定書もあれば理想的となります。

よく読まれている記事