Skip to content

日本刀の置き方には決まりごとがある

日本刀の置き方には決まりごとがある

日本刀を飾っておきたいと考えたときにどう置いたら良いのかと悩む場合があります。
実は日本刀には古くから守られてきた置き方の決まりごとがあるので気をつけましょう。
正しく置くことによってどのような魅力があるのかも理解しておくと役に立ちます。

 

横向きに置くときの基本原則とは

刀掛けを使って日本刀を置いて飾りたいというときには横向きに置くことになります。
このときの置き方は四つに大別することができるでしょう。
飾ってある姿を正面から見たときに柄を左にするか右にするか、刃を上にするか下にするかという四つのパターンがあります。
これを判断する上で重要な決まりごとが二つあります。
①まず、もともと刀掛けはもともと飾るための目的で存在していたものではないということは理解しておかなければなりません。
日本刀が武器として使用されていた時代には自室で休憩しているときにも、いつ自分の命を狙う人がやってくるかがわからないという心配がありました。
その状況にすぐに対応するために、すぐに帯刀できるように刀掛けを使用していたのです。
そのため、反射的に日本刀を刀掛けから取ったときにすぐに腰に差したり、佩いたりできるように置いてあることが大切です。
通常の人は右利きなので右手で日本刀を手にとって刀を帯びます。
そのときに左側に柄があると自然な動作になるので左側を柄にするのがルールです。
②もう一つのルールは刀の表を前に向けることです。
日本刀には表と裏があるのはまず知っておくべきでしょう。
どちらの面が表かは刀身を柄から取り出してみるとわかります。
この部分には作者の銘を打ってあるのが通例で、その銘がある側が表です。
これを前に向けると必然的に刃が上になるか下になるかが決まります。
実際には日本刀の種類によって刃をどちらに向けるべきか判断可能です。
打刀の場合には刃を上向きにし、太刀の場合には下向きにします。
脇差は上向き、小太刀は下向きといった形でそれぞれに決まったルールがありますが、これは実際にどちらの向きで刀を帯びるかによって決まっています。
腰に吊るすようにして佩く太刀は刃が下向きになり、腰に差す打刀は刃が上向きになるのです。
このようにすると日本刀を置くべき向きがわかります。
左側が柄になるようにして、打刀なら刃を下向きにし、太刀なら上向きにすれば良いというのが原則です。

 

日本刀の種類による置き方の違いとは

横向きの刀掛けを使う以外にも日本刀を飾る方法はあります。
日本刀の種類によっては異なる飾り方が推奨されている場合もあり、代表的なのが太刀です。
太刀を置くために作られた太刀掛もあり、本来は飾る目的であれば太刀掛を使うのが良いという考え方もあります。
太刀掛は太刀を立てかけて飾ることができる仕組みになっていて、スペースが少なくて済むのはメリットでしょう。
この際の置き方として刃の先端を下にするか、柄を下にするかという二通りの選択肢を考えられます。
太刀掛を使用するときには柄を下にするという決まりごとがあるので注意しましょう。
これも太刀掛から太刀を取って戦場に向かうといった状況を考えたときに持ち替えずに太刀を佩きやすいというのが主な理由です。
先端を下にしていると傷みが早いのではないかと考える人もいます。
しかし、先端を下にしてしまっても刃の先端が傷んでしまうというリスクはあまりありません。
ただ、柄はもともと丈夫にできているので重い太刀を一点で支えても問題はありませんが、鞘に関しては一概に言うことはできないというのは確かです。
また、柄を下にすることで鞘の美しさをはっきりを見せられるようになるため、美しさを際立たせるにも適した置き方となっています。

 

脇差があるときの置き方にも注意

日本刀には大刀と脇差が対になっているものも多数あります。
このときには二段になっている刀掛けを使うのがルールですが、その置き方にもまた別の決まりごとがあります。
対として制作された大刀と脇差は二段になっている刀掛けを使って置くのが基本原則です。
その際に大刀を下側、脇差を上側に置くことになっています。
また、厳密な決まりごとではないものの、対になっていない大刀と脇差は同じ刀掛けには置かないのが原則ということも覚えておくに越したことはありません。
これはセンスを問われる部分なので、詳しい人が見るとセンスがない飾り方だと思われてしまいかねません。
一方、この点を理解していると日本刀を売買したいときにどの店舗で買うかを判断するのに役立ちます。
知識が豊富でこだわりを持っている店舗なら対になっていない大刀と脇差を同じ刀掛けに置くことはないと考えられるからです。
正しい置き方をしている店舗で売買をすれば価値に合った価格での取引ができるでしょう。

〇まとめ
日本刀の置き方には決まりごとがあり、柄を左側にして表を正面に向けるのが原則です。
また、太刀掛を使うときには柄を下にします。
大刀と脇差を飾るときには脇差を上側にし、対になっていないものは同じ刀掛けに飾らないのが基本です。
このようなルールを理解しておくと売買のときに店舗側が日本刀に詳しいかどうかを判断できるでしょう。