Skip to content

折れた刀や曲がった刀でも売れる?

折れた刀や曲がった刀でも売れる?

旧家や地中などから日本刀はいまでもたまに見つかりますが、すでに折れたり曲がったりしてしまっている場合もあります。

こういった実用性皆無の破損した刀は、買い取ってもらえるものでしょうか?

 

業者を選べばいちおう見てくれる

刀剣商のなかには状態のいい高価な刀しか扱わず破損した刀は最初から見ないというところもあります。
が、どんな状態の刀であれ日本刀であれば査定をして、条件がよければ引き取ってくれるところもあります。
そういう買取業者を選べば、折れていようが曲がっていようがとりあえず持っていって見てもらうことは可能です。

ただし、それなりのお値段で引き取ってもらえる可能性はかなり低いと思ったほうがいいでしょう。
また、同じ破損といっても、折れているのと曲がっているのではだいぶ事情が異なります。

折れた刀はもうつなげない

日本刀は炭素をあまり含まない特殊な鉄、つまり「鋼」でできています。
なかでも日本刀の刃の部分を作っているのは玉鋼という非常にバランスのとれたレアな鋼です。
そして刀身の芯には柔らかい鉄を仕込み多重構造を作ることで折れにくいように工夫されています。

日本刀はこういう稀少な素材と複雑かつ高度な技法で作られているため、いったん折れてしまうと修復することはほぼ不可能です。
正確にいえば、見た目だけ修復しても意味がない、といったほうがいいでしょう。
現代において刀剣はおもに観賞用ではありますが、それはあくまで日本刀として機能を保持していることが前提です。
折れたものを無理やりつないだ刀はまたあっさりと折れてしまいますから、もはや刀として最低限の要件を満たしていないものとみなされます。

折れた刀にも価値がある

ただし、折れた刀が無価値かといえばそうではありません。
まず、刀の素材である良質な鋼そのものに価値があります。
溶かして新しい刀を作る材料として使うわけです。
折れた刀の大半はいちど素材に戻されることになります。
ただこの場合、買取のお値段のほうには期待しない方がいいでしょう。

もうひとつ、折れていても刀そのものに高い価値がある場合は、折れたうち切っ先のあるほうを脇差や短刀に仕立て直すことも考えられます。
これは江戸時代からよくやられていたことでした。
もし折れた刀に銘がありそれなりの品であることがわかっていれば、短く仕立て直すよう職人に頼んでみるのもいいかもしれません。
もちろん折れる前には及びませんが、一定の価値をキープできます。
ただしそれなりの費用はかかりますから、その刀の価値を見極めたうえで頼みましょう。

曲がった刀は直せることが多い

日本刀は「折れず曲がらずよく斬れる」とよくいわれますが、実際のところ、無理になにかを斬ろうとすると曲がってしまいます。
非常に良質に鍛えられて組み合わされた素材でできてはいますが、結局は薄い鉄の塊なので、限界をこえた力が無理な方向から加われば曲がるのは当然といえます。

ですから曲がったりねじれたりしている日本刀というのは、実はそう珍しくはありません。
軽度なものでしたら修復も容易です。
もし、見た目でわかるかわからないか、ぐらいの曲がりがあるからと、その刀を無価値だと言い切るような業者がいたら、買い叩こうとしている可能性が高いでしょう。
鞘から抜いたことのない刀が曲がっているなら大問題ですが、使ってきた歴史がある刀が少しばかり曲がっているからといって価値はなくなりません。
直せばよいのです。

刀の曲がりは刀の質を表す

ただ、本来、日本刀というのは折れず曲がらずの理想を追求するものです。
ですから「曲がっているということは、この刀の鍛えの質が低いのではないか」と見られてしまう側面があることは否定できません。
そのあたりのこだわりは、実は業者によっても違います。

小さな曲がりやねじれならともかく、ぐにゃぐにゃと形容できるほど曲がってしまって鞘に収まらなくなっているようなら、やはり刀としてはもともと問題があった、ということになるでしょう。
そういった場合は、値段がつくだけラッキーというぐらいに思うべきです。

破損した刀は売ってしまうのが賢い

日本刀は登録が必要なもので、「登録証」がなければ所持も売買もできません。
これは日本刀に関わるさいの基本中の基本です。
そしてその登録は、刀が折れても曲がっても解除されたりはしません。
気軽にゴミに出すことなど論外。
ただ廃棄するにも、警察に持っていってお願いしないといけないのです。

処分するのにも手間がかかることを考えれば、破損してもう持っている意味がなさそうだという刀は、やはり買取に出すのが一番いいでしょう。
たとえ状態は悪くなっても日本刀は貴重なものです。
専門業者の手に委ねましょう。
もし破損する前の刀に大きな値打ちがあった場合は、仕立直しや修理などを自力でやってからあらためて考えることをおすすめします。