Skip to content

他の人に依頼して日本刀を買い取りに出すのはOK?

日本刀は骨董品の中でも特殊な取り扱いとなります。

所有する際は、登録証が付いて、自宅で発見した物に限っては条件付き合法とみなされています。

では日本刀を買取に出すということに関してはどうなのでしょうか。

法律的に違反になったりはしないのでしょうか。

 

登録証があれば買取に出しても違反にならない

日本刀には登録証というものが付いているのが一般的です。刃渡り15センチ以上ある日本刀には、種類に関係なく付いています。登録証とは約10センチ四方の紙片で刀剣と一緒に保管されていることが多いです。昭和26年頃から発行されているため、ほとんどの日本刀には通常付いています。

これには刀剣の種別や長さなどが書かれ、いわゆるその刀剣の戸籍のような存在であり、刀剣の概要をチェックする時にも役立ちます。発行元は各都道府県の教育委員会であり、美術品としての価値がある日本刀には教育委員会への登録が必要となっているのです。

日本刀を売買する際にはこの登録証が必要です。これがなければ買取してもらうどころか、不法所持となってしまいます。日本刀の所持や売買においてこの登録証は必須のものであり、無いものは日本刀とみなされません。

刀剣が入っていた箱や袋、また金庫などの別の場所に保管してある場合もあるので、まずは登録証があるか確認をしましょう。 また「鑑定書」がついている刀剣もあります。これがなければ売買できないという事はありませんが、刀の銘や時代、作者、本物かどうかの鑑定をした証書となります。

日本刀の世界にはレプリカや模造刀が出回っていることも多く、素人目には分からないものもあります。鑑定書があることによって本物であるという証となり、買取してもらう際には高額査定のポイントにもなるので、刀が入っていた刀袋や刀箱などの付属品と一緒に持参します。

 

登録証がなくても手続きさえすれば大丈夫

日本刀を買取してもらう際には登録証が絶対に必須となります。では、これがなければ買い取ってもらうことは無理なのでしょうか。

刀剣類が家や蔵に隠してあった、また遺品整理中などに見つかる場合もあり、処分したり対処しようと思っても登録証が見つからないこともあります。この場合はきちんとした手続きさえ行えば大丈夫で、問題なく対処したり売却する事ができます。くれぐれも面倒だからといって不燃物ゴミとして捨ててしまわないように気を付けて下さい。

まずは、所轄の警察署の生活安全課に「日本刀が出てきた」という事を電話連絡します。もし電話する前に直接持参してしまうと、不法所持として拘束されたり逮捕される場合があるので、くれぐれも電話で連絡をするようにしなければいけません。警察署に電話をすると刀剣類発見届を届け出るように案内されます。

警察署によって多少の違いはありますが、刀剣を持参することになります。刀剣類が出てきた経緯を話すとともに発見届を記載、提出し、その後刀剣類発見届出済証が交付されます。これで不法所持の扱いはなくなります。

次に廃棄処分になるか、また美術品として所有できるのかの審査が各都道府県の教育委員会で行われ、この審査に通過すれば美術品として所有したり、売却することができるようになります。審査で廃棄処分となれば武器扱いとなり、警察署で没収、処分になってしまいます。

 

安心して買い取ってもらうために気を付けること

日本刀はいつの時代のものなのか、どんな種類か、誰が制作したものかなどの条件によって売買価格は大きく違ってきます。刀剣の知識がなければ売却する時に、実際の価値よりも低い査定で手放してしまうこともあります。

大事に手入れをしてきたり、大切な人から譲り受けた刀ならできるだけ高く売りたい、刀の値打ちを十分に分かっている業者に買い取ってもらいたいところです。しかし買取業者もいろいろあるため、業者によっては買取価格も違い、刀剣の価値が分かっている所と、知らない所では値段も全く違います。

買取をしている業者には、日本刀買取専門店やリサイクルショップ、骨董品を扱っている店などがありますが、専門性の高い知識を持つ刀剣鑑定のプロが在籍しているような所に頼むのが良いでしょう。業者によってはホームページなどでいろいろな情報を載せていますが、実際の買取実績を数字で載せたり、商品の画像があればより安心して任せられるかもしれません。

しかし実績があるからといって必ず信用できるとは限らないので、やはり直接店舗に行って鑑定してもらうのが一番良いかもしれません。鑑定の際には詳しい説明をしてもらえる事が多いので、安心、納得してお任せすることができます。

また持参する際に、自分自身、刀剣に関して全くの初心者である場合は不安もあるので、少なからず刀剣の知識がある知り合いなどがいればその人に依頼するのも良い方法です。

 

日本刀を買取に出す時、必要な事さえ守れば法律に違反するといった事はありません。登録証があれば難なく買取をしてもらう事ができます。ただ自分自身が刀剣に詳しくない場合などは、誰か知識のある知人に依頼するなどして頼めばより安心して取引する事ができます。

よく読まれている記事