Skip to content

日本刀の一部だけを買取してもらえる?

押入れの奥を掃除していたら日本刀が出て来たという場合、どう処分するか悩まれると思います。

使わないものだし、捨てて仕舞いたいけれどゴミに出すのは問題がありそうです。

そんなときには捨てずに買取をして貰う事も考えて見ましょう。

汚れていて価値などなさそうな日本刀でも、驚くような値段で買い取りをして貰えるかもしれません。

 

日本刀は沢山の部品から出来ている

江戸時代まで、武士は武器として日本刀を下げていました。明治になり法律が変わったため刀は使われず、現代社会では希少な価値を持つ美術品として存在するようになりました。日本刀は武器であったため、いざ使うときに最高の状態であるように日頃から手入れをしなくてはならず、部品はやり方さえ分かっていれば簡単に取り外すことができます。

刀の部位は簡単に並べると刀身(とうしん)という刃の部分とそれを納める筒の鞘(さや)、刃を手で持つための柄(つか)と鍔(つば)で構成されています。これをさらに細かく分解すると、ハバキという刀身が鞘から抜け落ちないようにする部品や、笄(こうがい)という鞘の差表(さしおもて)に挿しておく箸状のもの、小柄(こづか)などが含まれるのです。

刀剣は金属なので、手入れをしていなければ直ぐに劣化してしまい、錆びたり傷ができているでしょう。もしも日本刀の刃が折れてしまっていたら買取は不可能だと諦めてしまいそうです。ですが、例え刃身が折れていても、沢山の部品で構成されている日本刀ならば、鞘や柄・鍔など一部を買い取ってもらうことができます。

特に柄などは美術的価値を認められ、芸術的な装飾がされているならばそれなりの価格が付く可能性もあります。日本刀をどうすれば良いか判断に迷ったら、スマホなどの写真で鑑定してくれる業者もありますので連絡をしてみましょう。

 

刀の価値は専門家にきちんと鑑定してもらう

日本刀の価値は、見た目だけでは判断することが困難です。薄汚れてホコリを被っている状態でも、専門の目の利く鑑定士が見れば、本当の価値を見抜いてくれます。存在さえ知らなかったので、当然手入れをされていません。金属である刃身は錆びてしまっているでしょう。そんな状態ではなんの価値もないと考えてしまいますが、試しに買取業者に鑑定を依頼すると意外な値段が提示されることがあるのです。きちんとした知識のある鑑定士は、刀剣の作られた時代まで判断することができるのです。

買取業者に刀剣を売る手続きは、登録証があれば簡単に行なえます。登録証というのは長さ15cm以上の刀剣を所持する場合は「銃鉋刀剣類登録」が必要で、未登録であると買取してもらえません。ただし、買取不可能なのは刀剣の部分だけなので、拵(こしらえ)である柄や鍔など一部を買い取りしてもらうことができます。

刀剣を専門に買い取っている業者は沢山存在しており、お店まで持ち込んで鑑定してもらうほか、携帯やスマホで撮った写真を送るだけで価値を教えてくれる業者もあります。もちろん自宅まで出張して査定と買取を行なってくれる業者もあるので、自分にあった方法を探してみるとよいでしょう。偶然発見された日本刀を邪魔なものと思わずに、ご先祖様が残してくれた大切な遺産と考えて、一度、どのくらいの価値があるのかを査定してもらいましょう。

 

買取価格に影響を及ぼすポイント

日本刀の買取価格を決めるポイントがいくつかあります。これを頭に入れておくと、自分の日本刀がどれほどの価格になるか、目安にできるでしょう。まず、日本刀の脇挿しや短刀は、同じクラスの刀剣よりも価格は低くなります。また、銘のあるかないかも価格に響く部分です。銘とは刀剣を作った刀鍛冶の名前で、誰もが名前を知っているような有名な場合と知られていない無名の場合があります。名の知れた刀鍛冶が作ったものでも保存状態が悪ければ良い値は付きません

反対に、無名の刀鍛冶が作ったものでも、保存状態が良いものには高値付くこともあるのです。  価格には刀剣が打たれた時代も評価に反映され、プロの鑑定士であれば刀銘の知識が豊富なのでいつごろのものか、また刀鍛冶の流派も判別します。

日本刀は古いからといって価値が高くなるものではありません。査定は歴史的・文化的・美術的価値だけでなく、市場の需要と供給バランスが大きく影響しています。ですので、需要がない一部の部品は査定額にも大きな差が生まれると考えておきましょう。

査定価格を少しでも理想に近づかせるには、袋・共箱(ともばこ)などの付属品が揃っていることもプラスになります。共箱は作家本人の直筆の箱書きが入り、当時のまま保存されていることが望ましいです。芸術性の高い刀装具は需要も多いので、部品だけでも忘れずに鑑定してもらいましょう。

 

日本刀は美術品として、海外からも注目を浴びています。一見古びてなんの価値もなさそうであっても、細かく鍔などを眺めてみると、素晴らしい装飾が施されていることに驚かされます。美術品という見かたをすれば、その古びた刀剣にも隠れた価値が必ずあるでしょう。

よく読まれている記事