Skip to content

日本刀は質屋で買取してもらえる?

自分の祖父母から譲り受けた古い蔵や家屋から、名のある刀剣が出てくる可能性もあります。

現在では刀剣は美術品としての価値が高まり、国内外でも人気があります。

買収も盛んなため、これを機会に持ち込む方もいらっしゃるでしょう。

刀剣は古物に入るから質屋か、それともリサイクルショップか、どこに持ち込めば良いか迷うかもしれません。

 

刀剣を扱うには古物商許可証が必要

「刀剣商」は日本刀について深い知識を持ち、日本刀を専門に扱う「古物商」のことです。法律上、警察署に古物営業の許可を申請し「古物許可証」を取得する必要があります。

日本刀をリサイクルショップに持ち込む方もいるかもしれませんがお勧めはできません。扱っている商品が宝石やブランド品、絵画とジャンルが多岐にわたり、刀剣に関する専門的な知識を持つスタッフがいないことがあります。許可証がなく持ち込んでもお店側が困ってしまうこともあるでしょう。

日本刀の査定には専門的な深い知識と経験が必要です。リサイクルショップでは扱う商品が多い場合、専門的なスタッフを置くことが難しいこともあります。浅い知識で査定されてしまうと適正価格での買取が困難となります。

買収ブームに乗って新しい買取店が現れ始めました。刀剣類の適切な販路を持たないため、価値のある刀剣類が安価に買い取られあらゆる業者にたらい回しにされているという現実もあります。鑑定書があることで本物か偽物を見分ける大きな証になりますが、鑑定書がなければ査定を相手に委ねなければなりません。

傷や錆があることで価値のある刀も、安く買い叩かれる可能性はありますが、鞘の塗りや金具、彫り物がある場合など、刀の価値を見つけて査定し、状態が多少悪くても高値をつけてくれることもあります。査定するスタッフがどれだけ刀について深い知識があり、長い経験を積んでいるかが鍵となってくるでしょう。

 

日本刀を扱っているのに専門的な知識がない?

日本刀を扱うには古物商許可証が必要ですが、中には許可証を持ちながら専門的知識をほとんど持たない業者も存在します。日本刀専門のスタッフがいない骨董屋が、刀の価値がほとんどわからず扱っている場合があります。

これを避けるために刀剣評価鑑定士という専門資格が存在します。「全国刀剣商業協同組合」が創設した資格です。刀剣を専門に扱う刀剣商に、刀剣評価鑑定士資格を付与することで、社会的信用を高めることを目的としています。

古物商登録許可証があれば、日本刀を扱うことができますが、刀剣評価鑑定士の資格があることで差別化を図りました。日本刀の価値と美術品としての価値を適切に判断するのは大変なことです。顧客が安心して日本刀を持ち込み、評価・査定できる環境をつくることを目指しています。

鑑定証の有無で査定額が変わりますが、査定をする人物の刀に関する知識の有無で鑑定証の無い刀にも価値を見つけます。刀剣評価鑑定士は全国刀剣商業協同組合が主催した試験によって認定される民間資格です。国家資格や公的資格とは違い、社会的な認知度もまだまだこれからという状況です。

将来的には、刀剣評価鑑定士が窓口となって日本刀の評価・査定を行うのが一般的になるよう目指しています。老舗の質屋であるかどうかを見ながら、古物商登録証以外にも刀剣評価鑑定士の資格があるか確認して下さい。

 

日本刀の買取は老舗の質屋が良い理由

新しい買取店が現れるまでは、日本刀を査定するため適切な知識を持った古物商が存在していました。今でも残る古い質屋には刀剣類を専門的に見るスタッフがいます。

刀の品質を維持するために正しい保管・管理をしなければ、すぐに錆びて刀の品質が落ちてしまいます。扱い方にも注意が必要で、間違った刀の抜き方をすれば、刃こぼれが出来てしまうこともあります。

湿気に弱い刃は定期的に適切な手入れも行わなければなりません。湿気にも弱いため保管場所を間違えれば知らぬ間に劣化してしまうことも。刀の管理は査定同様、十分気をつけなくてははなりません。

刀剣について専門知識の乏しいリサイクルショップや骨董屋ですと、自分の持ち込んだ日本刀が正しく査定されず、管理が行き届かない場合もあります。その点、老舗の質屋で刀剣に詳しいスタッフがいる場合、専門知識と豊富な経験から持ち込まれた刀に合った保管・管理を行います。

さらに査定の難しい刀剣を適切に査定し、お客様にとって不利にならぬよう高額で買い取る良心的な質屋もあります。何より、古くから刀剣を専門的に扱っているという実績と店やスタッフから受ける自信や雰囲気に、安心して自分の刀剣を持ち込むことができるでしょう。刀がスタッフにどのように扱われているのかも大切です。

 

日本刀をどこで査定してもらうなら、迷わず実績のある店を選びましょう。古物商の許可証を持ち、刀剣評価鑑定士の資格を持つスタッフがいることも、選択する際のポイントです。古くから刀剣を扱い実績のある老舗の質屋にも安心して依頼できるでしょう。

よく読まれている記事