Skip to content

日本刀、刀剣の買取で値段を決めるポイントとは

日本刀や刀剣は日本の伝統の一つであり、昔は武器として使用されていました。もちろん現在では武器として使用することはなく、美術品として人気となっています。
しかし、不要な刀が見つかることもあるのではないでしょうか。刀は処分方法で悩むのは当然のことですが、刀を捨てるくらいならば売れないのかを確かめてみるべきです。

買取業者に依頼

刀の価値は素人には判断することが難しく、しっかりとした目利きのできる専門の鑑定士に見てもらわないと本当の価値はわかりません。価値がなく捨てようと思っていた刀がかなり高額で買い取ってもらえるということも稀にあるので、悩んだ際には査定に出してみるようにしましょう。

刀を売るとなれば面倒な手続きも多いのではないかと考えてしまいがちですが、登録証があれば刀の売却はそれほど手間がかかることではありません。刀の買い取りを行なっている買取業者は意外と多く存在しており、店頭に持ち込んで査定してもらうだけではなく、出張で査定に来てもらうことができたり、宅配による査定もあり、より気軽に売ることができるようになっています。

刀の種類や状態を始めとし、値段を決めるチェックポイントは多々あるので、あらかじめある程度理解しておくと、どの程度で買い取ってもらえるのかを想定しておくことができるのではないでしょうか。

 

長さや刀の銘の有無による違いとは

基本的に脇差や短刀の場合には、同じクラスの刀より価格が低くなるということは頭に置いておくようにしましょう。があるのか無いのかにより、査定額には大きな違いが生まれることになります。銘は、その刀を作った鍛冶の名前であり、有名なものもあれば誰かわからないような人もいます。誰の作なのかによって、いくらで買い取ってもらえるのかは大きく左右されることになります。

誰が作ったのかということだけではなく、刀が作られた時期はいつ頃なのかというのも評価に影響することになります。刀の鑑定を専門として行なっているようなプロならば、刀銘に関する知識が豊富にあるので、売りたい刀がいつ頃つくられたものなのかや、作った人や流派に関しても判断することができ、買い取ってもらえる価格に大きな影響を与えます。

有名な人が作った刀でも、刀の状態により買い取ってもらえる価格は当然変わります。錆びていたり傷がある、鍛え割れがあるなど状態が悪い場合は評価が下がるので、買い取ってもらえる価格も同じように下がってしまいます。無銘な刀は、基本的には刀銘の価値がないのでそもそもの評価は低くなりますが、保存状態が良いと判断されると高い評価を得られることもあります。

銘の有無は重要ですが、それのみでいくらで売れるか勝手に素人が決めつけてしまうべきではありません。

 

鑑定書や付属品が影響を与えるポイントの一つ

刀は名刀と呼ばれるものは当然価格も高くなっていますが、どのような美術品にもあるように偽物も存在しています。偽物であっても、最初はその刀本来の価値で査定を行いますが、偽物ならば当然正真作と同等の価値はないので本物のような買い取り価格は望むことはできません。

銘がある刀で、正真作である刀には、刀の切れ味を評価する序列があります。刀を鑑定する際に重要になってくるポイントであり、ランクは最上大業物から始まり大業物、そして良業物、業物の4段階に分けられています。どのランクかが買取価格に大きく影響します。

日本美術刀剣保存協会から発行される鑑定書がある場合には、必ずセットで査定に出すようにしましょう。鑑定書は刀の価値を証明することになるので、同じ刀でも鑑定書があるのと無いのとでは結果に大きな違いが生まれます。

無銘の刀の場合でも刀本来の価値を証明することができるので、買い取り価格が大きくアップする可能性もあります。箱などの付属品はもちろんのこと、鑑定書がある場合には必ず査定の際に提出しましょう。

 

錆びているかどうかも重要になります

刀はデリケートであり、長い期間放置をしておくと錆びてしまいます。当然のことではありますが、錆びているのといないのとでは買い取り価格に大きな差が生まれます。

買い取り価格は下がっても、表面上のみのサビで研げば良いものならば買い取ってもらえますが、まで錆びてしまっていると判断されると買い取ってもらえないこともあるので、売ろうと考えたらすぐに買い取り業者を探すべきです。

 

日本刀や刀剣がいくらで売ることができるのかは、買い取ってくれる業者による違いがあるのはもちろんのこと、刀の状態や価値により大きな違いがあることは確かです。しかしそれ以前に、登録証がなければ刀の売買をすることは違法となっていて、売買はできないので、まずは登録証があるかどうかをチェックしてみるようにしましょう。
その上で、どの程度の価値があるのかを知ることが大切であり、複数に鑑定してもらうことも大切です。保存状態を良くしておくことや、鑑定書などの付属品もしっかり揃えておきましょう。研いでおいた方が高値をつけてもらえることもありますが、当然素人が刀を研ぐことはできません。必要なものを全て揃えておき、複数に査定に出してみることが大切です。