Skip to content

日本刀の厚さはどのくらい?

日本刀の厚さは、重ねと言います。

重ねは、元の方で7mmくらい先の方で5mmくらいが平均だとされています。

日本刀の中でも同田貫は元が8.3mmだとされています。

同田貫は実践向きの刀ということもあり、かなり厚く出来ています。

厚いということは、それだけ丈夫でもあります。

実践向けに作られているものは、折れないということを重視されています。

太刀、小太刀、脇差などによっても違います。

重ねは作風などによっても違います。

作者が違うだけで、かなりの差が出ることもあり、作られた時期などによっても、変化します。

合戦が多かった時代などは実践向けの刀が作られていたこともあり、厚い刀がたくさん作られています。

 

様々な要因で決められている

美術品などで作られている方は薄いものも多くあります。

薄い刀は美しいと評価されやすいです。

厚みがある刀は、実践向けのものが大半なので美しさよりも切れるということや折れないということを優先して作られています。

作風として厚い刀などもたくさんあり、作者の個性や特徴として厚い刀を意図的に作っていることも多いです。

様々な要因によって、刀の厚さは大きく変化します。

1つの特徴として日本刀を判断する時に厚さというものはあります。

鑑定時に厚みなども重視され、刀は厚さを均一に作成するということも重要なポイントになっています。

厚さを均一に作れない場合は、重大な欠陥となってしまうことがあります。

厚みが多すぎる刀は失敗作として判断されることも多いので全体的なバランスなども重要となります。

刀は厚みだけでなく、美しさや周りの装飾なども評価されています。

さらに、時代的な背景や誰が所持していたものかなども評価基準となっています。

幅広い評価基準があるということから、単純に厚みだけではなくチェックするべきポイントがたくさんあります。

 

厚すぎる刀は評価されないこともある

厚すぎる刀は評価されないこともあります。

刀匠で技術が未熟な人は厚い刀を作ってしまうことがあります。

薄い刀を作ることが出来るということは、それだけ技術があるということでもあります。

技術が高い刀匠は薄くても丈夫でよく切れるを作ることが出来ます。

そこまでの技術を身につけるのは、とても長い時間や多くの修練が必要となります。

名人と呼ばれている刀匠は薄く折れない刀を作ることが出来る人が大半です。

刀匠の技術を判断する上でも重ねはとても重要です。

日本刀が薄いのに折れないのは、何度も鉄を鍛えるからです。

長い時間をかけて作っているからこそ美しく折れない刀を作成することが出来ます。

さらに、違う鉄を組み合わせていくことで丈夫に作っていきます。

刀匠は長い歴史の間に様々な技術を開発してきたという経緯があります。

技術を開発して、それを伝承していくことによってさらに進化していくという歴史があることから刀匠が作り出す刀は一般的には考えられないほどの強度を持っています。

 

厚くなくても折れないのは技術が可能にしている

刀が厚くないのに折れないし曲がらないとされているのは、高い技術を持つ刀匠が刀を鍛えているからです。

刀匠にとっては丈夫で薄い刀を作り出すことは大きな目標となっています。

実践向けの刀以外は、やはり薄いということがとても評価されています。

世界的に見ても、薄いという意味では日本刀はずば抜けている存在です。

薄いのに耐久性もトップレベルということもあり、刀として世界的に評価されています。

世界中に多くのコレクターがいるということから、名匠が作り出したものは高額で取引されています。

美術コレクターを引きつけるだけの大きな魅力があるという点なども刀の特徴です。

名刀で厚みがあるものは、戦が多い時代に作られたものが大半だとされています。

需要に合わせて刀の厚みなども変化してきたという点があり、その時代を映す鏡のような特徴もあります。

 

刀の厚みは、とても重要なポイントです。

厚みからは様々なことが分かります。

時代などによっても厚みは大きく変化します。

さらに、作風によっても厚みが変化することがあります。

実践向けに作られている刀は、かなりの厚みがあるものが大半です。

折れないことや曲がらないことが重視されているため、厚みがある刀となっています。

合戦などがたくさんあった時代は、厚みがある刀が大量に作られたとされています。

時代を特定する場合でも厚みはとても重視されています。

刀を鑑定する場合にも厚みは判断基準となっています。

刀の厚みは美術的にも評価されることがあります。

刀匠の技術が未熟だと厚みがバラバラになってしまうことがあります。

また、厚みが多すぎて失敗作だと判断されることもあります。

刀は薄い方が美しいと判断されることもありますし、逆に厚みがあるということで評価されている刀剣もります。

作られた経緯歴史なども含めて評価されることが多いので、厚いのと薄いのではどちらが良いのかを判断しにくい点もあります。