Skip to content

遺品整理で出てきた日本刀は買取に出してOK?

遺品整理で出てきた日本刀は非常に貴重な財産であることが多いため、買取に出す場合には様々な手続きを行わなければならなくなることが多いものです。

この内容をよく理解した上で、一般的なリサイクルショップ等ではなく専門の買取業者に依頼することが大切です。

 

日本刀を所有するには登録証が必要

日本刀は日本の法律では銃刀法の対象になっているため、これを所有する際には登録がなされていることが必要です。遺品整理で日本刀が見つかった場合でも、亡くなった方が正規に登録を行っていると考えられるのが一般的であるため、まずはこの登録証を見つけることが重要となっています。

登録証がない場合には違法に入手されたものである可能性があるため、このまま売却をすることはできません。専門業者に買取を依頼しても、基本的には断られてしまうものです。

登録されていない日本刀は不法所持と言う扱いになってしまうため、基本的には法律に違反していることになり処罰されてしまうためです。遺品整理で見つかった場合などで見つけた人がその存在を知らなかった場合であっても、基本的には不法に所有されていたと言うことになり、警察が押収することになってしまうので注意をしなければなりません。

登録証がある場合には基本的に価値のあるものとなっているため、専門の買取業者に鑑定を依頼することが大切です。日本刀は非常に貴重なものであるため、正規の鑑定を行い、その価値を十分に確認してから売却を行うことが必要です。

また一般的に日本刀はそれほど流通していないことから模造刀である可能性もあり、この場合には登録証が不要な場合もありますが、価値がないものである可能性があるため、まずは登録の確認と、合わせて専門家による鑑定を行うことが非常に重要となるのです。

 

売却する前に所有者変更が必要

登録証が見つかっており正規の日本刀であることが確認された場合には、売却をする前に所有者の変更を行うことが重要です。登録されている日本刀は基本的に所有者も一緒に管理されているため、その所有者がなくなっている場合には勝手に売却をすることができず、まずは登録上の所有者を変更することが必要となるのです。

日本刀の管理は各都道府県で行っているため、その都道府県の窓口に所有者変更の届け出を行うことが必要となります。この手続きは簡単に書面で行うことができるため、売却の前に済ませておくことが必要となります。

業者によってはそれぞれの手続きを行うと言うところもありますが、基本的には自分で行うことが非常に重要です。悪質な買取業者の場合には現在の売却を行う所有者の名義に変更するのではなく、異なる人の名義に変更してしまうこともあるため、この場合には代金が支払われない可能性もあるので注意をしなければなりません。

正当な代金を得るためにはまず自分で所有者変更を行い、その後鑑定を確実に行ってから金額を査定し、売却することが必要となるのです。 日本刀の売却を行う場合には様々な書面上の手続きも必要となります。

売却した段階で再度所有者変更の届け出を行う必要があるばかりでなく、売却した金額によっては税金の申告も必要となることが多いのです。また価値のある財産を相続したとみなされ、相続税も発生することがあるので注意をしなければなりません。

 

日本刀の売却は専門業者に依頼

日本刀は貴重な財産であるため、その価値を正確に把握して売却することが必要となります。そのため依頼する場合には専門的な知識を持つスタッフがいる買取専門店に依頼するのが最も良い方法です。

最近ではリサイクルショップなどで日本刀を買い取ると言うところもありますが、専門的な知識を持っていないとその鑑定が正確に行われなくなってしまい、金銭トラブルに発生する危険性もあるので注意をしなければなりません。また、様々な手続きに関しても確実に行われず、場合によっては銃刀法に関わる問題に発展してしまうこともあるため注意をすることが大切です。

日本刀は専門知識がないとその価値を正確に判断することができない上、所有権の移転などにも様々なトラブルを抱えてしまうことが多くなってしまいます。そのため、専門的な知識と経験を持つスタッフがいる専門業者に買取を依頼するのが非常に良い方法となっているのです。

また、登録証が存在する場合には非常に価値のあるものである可能性が高いため、その権利の問題や法律上の問題などを全て整理することも求められる場合があります。これらの手続きの必要性を十分に認識し、その手続き自体をスムーズに行うためには専門的な知識を持っている買取業者に依頼するのが非常に良い方法となっているのです。

遺品整理の場合にはこれらの問題に気づかないことも多いため注意をしなければなりません。

 

遺品整理で出てきた貴重品を処分する際には、その取り扱いに充分に注意をすることが必要となります。

刀等は価値があるものであると同時に刀などは価値があるものであると同時に、法律上の銃刀法の対象になる可能性もあるため、売却の際には注意をしなければなりません。

よく読まれている記事