Skip to content
公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/28

折れた日本刀を修復することはできる?

コレクターの間や海外からも高い人気を誇る日本刀。しかし、保管状態が悪ければ刀が折れてしまうこともあります。では、もしも折れてしまった場合には修復可能なのでしょうか。今回は、日本刀が折れた際の修復についてと売却する際の方法について解説します。

折れた部分を接着すれば元に戻すことができるのか

光り輝く日本刀の歴史は大変古く、時代劇などでも見慣れた反りのある形になったいわゆる最初の日本刀は平安時代がはじまりといわれています。それまでは中国大陸から紀元前に入ってきたまっすぐの直刀の形であり、重みのあるものでした。その直刀が武器として徐々に進化をしていき、反りのある切れ味鋭い日本刀に形を変えていきました。

日本人ならではの巧みな技術で仕上げられた名刀は今の時代では大変高値で取引をされています。そんな日本刀ですが、先祖代々から伝わるものが自宅にあるというかたや、古い蔵に保管されていたものが見つかる場合もあるでしょう。やはり長期間保管されていたものはその分劣化が進みます。

もちろんきれいに手入れをして、保存状態がよいものであればある程度その形を保つことができますが、何も手入れをしない状態では刀が折れてしまったり破損してしまったりする場合もあるでしょう。そういった折れた日本刀はもう修復することはできないのでしょうか。

実は折れてしまったものは元通りに修復することは不可能なのです。折れた部分を接着すれば修復できるのではないかと考える人もいるかもしれませんが材料として使われている炭素鋼は溶接するのが簡単ではありません。また、たとえ熱を加えて加工したとしても組成が変わってしまいます。多少の刃こぼれ程度であれば研ぐことである程度調整することが可能ですが、金属を削ることになるため、研げば研ぐほど厚みが薄く痩せていってしまうでしょう。

価値を知りたい場合は専門の業者に依頼しよう

修復した刀、痩せてしまった刀は、元の状態のものよりもその価値が極端に低くなってしまいます。いくら高値で取引されている名刀であっても、状態がよくないものではその価値が低くなるのは当たり前です。やはり形あるものには期限があり、日本刀も例外ではないでしょう。

日本の技術が詰まった名刀は見るだけでも歴史を感じることができ息をのむほどの美しさです。コレクターの間では数百万円と高値で取引されているものもあり、中には数千万円と驚くほどの金額がつくものもあります。それくらい高いお金を出してでも手に入れたいものではないでしょうか。

日本刀は美術品として大変人気になっており、海外からわざわざ買いに来るほど外国人にも人気になっています。そんな高値で取引される日本刀ですが、なかなか素人ではその価値を知ることができません。もしその価値を知りたい場合は専門の業者に査定依頼をしてみましょう。

買取業者はいろいろありますが、美術品など扱っている専門の業者の方がその価値を知っているので安心です。相談だけであれば無料で行っているところも多くあるので利用しやすくなっています。もちろん値段が合わなければ売却をしなくても大丈夫ですし、いくつか専門の業者に依頼して比較してみるのもおすすめです。

少しでも高値で売却したい場合にできることとは

普段美術館などでしかあまり見ないものですが、コレクターの間では大変人気になっており、古い蔵などあるお家で蔵のかから見つかったというケースもあります。そういった場合、手元に置いていても仕方がないのでできれば売却したいと考える人もいるかもしれません。そういった場合は相場をしっかりチェックすることで、高値で売却することも夢ではありません。

また、いろいろな品物を扱っているリサイクルショップなどに持ち込んだ場合、その価値がわからず専門の業者よりも安い価格での取引になってしまう場合もあります。そのため、売却するのであれば専門的に扱っている業者に依頼をした方が高値で取引できるでしょう。また、売却する際は実際にお店に持ち込んで査定してもらうのもよいですが、遠方にお店がある場合など直接いくのは大変です。

そういった場合は宅配買取や出張買取を選ぶことをおすすめします。宅配買取であれば専門の業者に宅配サービスを利用して送るだけなので簡単です。値段が合わなければ返却してもらうことも可能ですし、わざわざお店に足を運ぶ必要がないでしょう。また、出張買取の場合、自分の都合に合わせて自宅に来てもらうことができるのでおすすめです。梱包や発送の手間を省くことができます。根強い人気を誇る名刀は保管状態が命です。ぜひ扱う際は大切に扱いましょう。

 

保存状態がよくないと、いくら日本の技術が結集した名刀であっても折れてしまう場合があります。また保存期間が長ければ長くなるほど劣化が進み、状態が悪くなってしまうでしょう。しかし残念なことに折れてしまったものは完全な形に修復することはできません。

巧みな技術であっても元通りにするということは難しく、ある程度元の状態に近い状態まで直したとしてもその価値は下がってしまいます。日本刀はコレクターの間で人気が高く、高値で取引される場合もよくあります。もし売却を考えているのであれば複数の専門の買取業者に査定依頼をしてみましょう。また、普段から大切に扱い管理することが大切です。

よく読まれている記事