Skip to content

日本刀の強度はどうやって決まる?

日本刀は鍛錬を繰り返すことで強度が上がります。

不純物を取り除くことによって、均質となります。

そのことが刀の強さを上げるということに貢献しています。

また、軟質の鉄で作られているため刀全体に衝撃を分散することが出来ます。

その部分も刀の強さを上げることと関係しています。

 

 

鍛錬の結果によって折れにくい刀が出来る

何百年も前の刀が現在でもきれいに保存されている理由は、大切に保管されてきたという以外にも刀の強さが高められていることと関係しています。

合戦にも耐えられるように強度が高められたということもあり、日本刀は折れず曲がらずと評価されています。

世界的に考えても強度が高い刀剣の1つです。

きちんと手入れをすることで何百年も美しさを保つことが出来るのは丹念に鍛えられた結果です。

硬度の違う鉄を組み合わせていくことで脆さの原因を排除することが可能となり、強度を高めているという部分もあります。

熱して冷ます工程を繰り返していくことで鉄は鍛えられていきます。

ただ、高温の中で作業をしている刀匠の体力的な消耗は相当なものがあります。

肉体的にはとても大変な作業をしなければ、強い刀を生み出していくことは出来ないという部分があります。

 

手入れをすることによって美しさも増す

刀はプロが研ぐことによって、より美しさが増していきます。

強度だけではなく美しいという点も高く評価されています。

美術品として人気があるのは美しいからということも関係しています。

特に名刀と呼ばれている刀は何百年ものあいだ大切ら保管されてきました。

こうした刀は世界中にコレクターがいるということから、とても高い金額で取引されています。

定期的に手入れをすることによって、美術的な価値を保つことも出来ます。

よく切れてなおかつ丈夫という部分は技術的にとても難しいとされています。

それを実現しているのは日本刀が数々の工夫がされているためです。

刀紋がきれいに入っている刀はとても高く評価されています。

刀紋は、きちんと鍛えられている刀にのみ現れます。

刀紋がきれいに出ているということは名刀に欠かせない条件の1つとなっています。

 

世界的にも複雑な構造で作られている

日本刀は世界的にみても複雑な構造で作られています。

中国やインドなどにも刀剣はありますが、1つの鉄で作られていることから折れやすいとされています。

重いという点も実践向きではない刀です。

日本で作られた刀は軽くてよく切れるという点も特徴です。

さらに折れにくく作られているという点なども評価されています。

機能的に高いという点が他の刀剣とは大きく違います。

日本の高い技術力は、こうした部分でも発見することが出来ます。

有名な刀匠が作った刀は、特にこうした部分が優れています。

折れないのに切れ味が鋭い刀を作り出すということで後世まで名前が知れ渡っている刀匠はたくさんいます。

技術の伝承などによって、そうした刀を作る刀匠は現代でも300人~400人程度いるとされています。

こうした刀匠がいるということによって、これからも技術的に進化させていくことが出来ます。

 

日本刀は折れないとされている刀です。

どうして折れないのかは、複数の鉄を組み合わせていることや何度も丹念に鍛えているということが関係しています。

折れやすくなる原因を排除することによって、折れない壊れない刀を作り出すことに成功しています。

世界的にみても、ここまで折れにくい刀は皆無だとされています。

複雑な構造で作られているということが大事なポイントとなっています。

他の国は単一の鉄で作られているものが大半だとされています。

日本のように複数の鉄を組み合わせていくことで作られている刀は珍しい部類に入ります。

さらに正確な計算をもとに組み合わせていくことで切れ味や強さを増す方法を発見しています。

世界的にコレクターがいるということなども優れた技術が使われているということを証明されています。

美しさは技術によって生み出されているものです。

特に刀紋はコレクターがもっとも高く評価しているポイントです。

刀の評価をする場合は、必ずチェックされている部分です。

優れた刀を生み出していくことで世間的に評価されたという点なども刀が大きく進歩してきたことに関係しています。

現在でもたくさんの刀匠がいるということから確実に技術は伝承されています。

こうした技術や伝統を無くさないということも大事です。

コレクターがコレクションの価値を維持するという意味でも専門家の存在は不可欠です。

刀匠以外にも、研磨師などの技術も高く評価されています。

よく読まれている記事