Skip to content

刀剣の登録証って?

日本刀や刀剣を手放すとなれば、少しでも高くありたいと考えるのは当然のことではないでしょうか。
その際に気をつけておかなくてはならないのが、刀は買取業者によっていくらで売れるのかや、どのような買取方法なのかに違いがあるという点です。
慎重に考えてから選ばないと、本来ならば価値がある刀を安値で買い叩かれてしまうということにもなりかねません。

 

登録証は必需品

実際に日本刀や刀剣を複数の買取業者に査定してもらうことで、おおよその相場を知ることができたりより高値で買い取ってくれる業者を見つけることにもつながります。買取業者により買取価格や方法など異なる点は多々ありますが、どの業者に買い取ってもらう場合でも同じなのが、登録証は必須という点ではないでしょうか。登録証のない刀の売買は違法となるので必ず必要になってきます。

登録の証明をすることにより、初めて買い取ってもらうことができる刀ということになり、査定をしてもらうことができるようになります。

 

登録証とは一体どんな存在なのか

刀を所持するだけならば免許や警察の許可は必要ありませんが、日本刀には一本ごとに必ず登録の証明が付いています。これは刀に付くものであり、人に発行されるものではないので所有者の名前や住所などの記載はありません。これがないと登録の証拠が付いていない日本刀を所持しているということになり、不法所持となるので懲役されたり罰金を支払わなければならなくなってしまうので気をつけなくてはなりません。

刀を購入する場合には、必ず登録の証明書が付いていることを確認するようにしましょう。これには種別刀や脇差し、短刀などの種別と、刃渡りや反り、目釘穴の数や刀工の銘が記載されています。

 

登録証を発行してもらう方法について

登録の証明書は必須となり、これが無い刀を所持していると罰せられるので、買ったり譲り受ける場合は必ず登録の証明書のあるものにするということは頭に置いておきましょう。しかし先祖代々続く旧家などの場合には、蔵の奥から登録の証明書が無い刀が見つかることもあるのではないでしょうか。

この場合はいきなり罰せられるというわけではないので、見つけ次第刀を持って警察署に、発見届けの手続きをしに行くようにしましょう。これは派出所ではなく、所轄の警察署に行く必要があります。その際に気になるのは、警察署までの道中に登録の証明書がないものを持ち歩くことになるのは良いのかという点ではないでしょうか。しかしこれに関しては、届け出に行くということから問題はありません。刀が出てきたことを届け出書類として、何処からどういう状況で出てきたのかなどを記入することになります。

売りたいという場合や手元に置いておきたい場合には必須となりますが、見つかった刀が必要なければ任意提出で置いて帰るという選択肢もあります。手続きが終われば刀は返してもらうことができます。書類に書かれている日時に、指定された場所に刀と登録済みの証を持って行けば、登録証発行の審査を受けることができます。

 

登録証が発行される刀とは一体どんなものか

発行はどんな刀でも可能というわけではなく、発行されるためには日本刀であるということが条件となっています。伝統的な鍛錬を行って焼き入れを施したもので、しっかりとした価値があると判断された場合にのみ発行されることになります。

価値は値段ではなく、日本刀として美術的に価値があるかどうかという点なので気をつけなければなりません。表面的な錆ならば、研ぐことによって本来の姿を取り戻すことができるので価値があるとみなしてもらうことができますが、芯まで錆びてしまっていて、本来の姿を取り戻せない場合には価値がないとみなされてしまうので発行してもらうことはできません。

鉄を打ち延ばして刃を付けただけのものや、スプリング刀、洋鉄を使って作られたようなものに対しては発行されないことが多いということも頭に置いておきましょう。

 

所持する人に対してその所持許可を与えるというものではなく、美術品や骨董品として価値のある刀剣類に対し、各都道府県教育委員会が鑑定して交付しているものであり、売買する際には添付されていることが必須条件となってきます。買取業者に買取の依頼をする際には、添付されているのかということをしっかりとチェックしておくようにしましょう。
添付されていない場合には、警察署に行き発行してもらうための手続きを進めていくことになります。始めてのことでわからないという人が多いですが、その際にも信頼できる買取業者で良心的なところならばきちんと発行に関しても教えてもらうことができるので、まずは買取業者に問い合わせてみるというのも一つの方法です。
鑑定書は登録の証明書とは違い、必ずしも必要というわけではなく、少しでも高値で買い取ってもらうために必要となるものなので、混合して考えてしまいがちですが、鑑定書は必ずしも必要なわけではありません。しかし登録の証明書は刀に添付されていることが売買する際には必須ということは確かです。