Skip to content

日本刀・刀剣の鍔にも種類がある!

古くから日本では武士の武器として刀が用いられてきました。常に領地を取るか取られるかという戦いが日常にあった時代には、すぐに手に取って使えるようにと、刀は常に抜き身の状態で置かれていたと言われており、いかに厳しい環境だったかが分かります。
江戸時代に入り、太平の世の中が長く続くにつれ、刀身は鞘に納めるようになりました。さらには、幕末の動乱が訪れるまでは刀を抜くということがほとんどない平和な世の中だったこともあり、刀は次第に武士が戦うための実践の武器ではなく、身分の高さや位を表す、一種のステイタスとなっていきます。

著名な刀鍛冶が作る大業物と呼ばれる刀は非常に高価だったこともあり、大藩の藩主や裕福な武家しか持つことはできませんでした。幕府の権威が失墜するにつれ、武士はどんどん扶持が減り、貧乏だったことから、お金持ちの商人が高価な刀を買い求めるといったことも珍しくなくなっていったのです。
ステイタスとなったり、あるいは富裕であることを示すための所持品となった刀は、刀鍛冶自身も切れ味にこだわりつつ、美しい姿に仕上げることに力を注ぎました。装飾部分も凝った造りへと変わっていき、現在では美術品として鑑賞する価値を持つ品にまでなったのは、太平の世を作り上げた徳川幕府の大きな功績だったといえるでしょう。

 

日本刀の拵えの中でももっとも目を引く部分

江戸時代の日本刀は、世の中が平和だったことから装飾品としての役目を担うことが多くなり、自然と拵えと呼ばれる飾りが充実してくるようになります。通常は刀を納める鞘も、普段着や寝巻きといった感覚である白鞘に入れていましたが、藩士が藩主のもとへ出向くときや、将軍にお目通り願うといった特別な時には、刀も特別な鞘に入れました。

そんな特別な鞘のことを拵えといい、刀そのものをよそ行きのいでたちにしたわけです。そんな刀の装飾でもっとも目を引くのが、と呼ばれる柄と刀身の間にある道具です。本来の目的は刀の柄を握った際に刀身に手が滑ってけがをしないよう、手を守るために取り付けられるものであり、刀を握る武士にとって大事な保護道具でしたが、平穏な時代が長く続くにつれ、鍔がどんどん凝った造りになっていきます。

その理由に、刀の鍔の装飾というのは自分からは見えない構造になっており、相手から見てその造りの良さが分かることから、相手に対する示威行為という目的があったと思われます。自分はこのような凝った造りの素晴らしい鍔を取り付けているのだぞということを、相手に対して自慢したかったのでしょう。

 

匠の技が詰まった鍔はコレクションアイテムとして人気

昨今、戦国武将に熱をあげる歴史好きの女性、通称歴女が増えていますし、オンラインゲームの開発にしのぎを削るソフト開発会社が、侍を主人公に据えたゲームを作る際、刀についても綿密な時代考証を行い、魅力あるものに仕上げているため、刀に対する関心が急速に高まっています。

関心の高まりから、日本刀を手に入れたいと願う人も多くなっていますが、さすがに本当に切れる日本刀を所持するのは大変ということで、日本刀の魅力の一端を堪能できるという理由から、鍔をコレクションする人が増えてきました。鍔なら切れる心配がありませんし、刀を買うよりも少ない金額で手に入れることができます。刀の鍔にはさまざまな種類があり、伝説の名刀と呼ばれる刀に装着されていた鍔ともなると、かなりのお宝ものとなります。
場合によっては無銘の刀よりも、名刀に取り付けられていた鍔の方が高価なこともありますので、一概に鍔なら気軽にコレクションできるとは言い切れません。

ただ、名刀の鍔でなければ、さまざまなデザインや素材の中から、気に入ったものを集めることができるでしょう。幕末動乱の際に活躍した新選組隊士は、それぞれどのような鍔を愛刀に取り付けていたかの記録が残っていますので、お気に入りの隊士が愛した鍔を選んで持つという楽しみ方が可能です。日本刀を取り扱う専門店に行けば、必ずといっていいほど鍔も取り揃えていますので、お目当ての鍔があるかどうかを探しに行くのはもちろん、これはいいと直感的に感じたものを買い求めるのもいいのではないでしょうか。

 

本物の鍔は手に入れられない人におすすめ

刀の鍔は、もともと柄を握る手を守るための道具ですので、しっかりとした金属でできています。そのため、誰が作ったのかという銘がはっきりしているものや、無銘ではあるけれど、細工が非常に素晴らしく、芸術品として堪能できる品となると数万円から十数万円はするため、いくつもコレクションするのは厳しいという人の方が多いでしょう。

本物の鍔はなかなか手に入れられないけれど、鍔のコレクションはしたいという人におすすめなのが、さまざまな種類の鍔をモチーフにしたグッズです。昨今は、新選組隊士が愛用した鍔をそろえたガチャが登場するなど、鍔に対する関心の高さがうかがえます。ガチャという方法は、お目当ての隊士の鍔が出てくるまでやめられないのが難点ですが、楽しみながら集めるには最適です。

新選組隊士の好みがわかるという点で、鍔をガチャにしたというのはなかなか目の付け所がいいといえますが、ガチャでありながら刀の鍔には非常にたくさんの種類があり、金属でできているため、ずっしりとした重みがあるところや、驚くほど多彩な装飾が施されていたことが分かることから、人気を集めています。

動乱の世の中を舞台に活躍した新選組隊士たちにとって、刀は装飾品ではなく自らの命を守るための武器であったはずですが、それでも鍔の装飾に誰一人として同じものはないところに、武士の魂とも言える刀に対して自分なりの飾りを施したいという気持ちがあったことは明らかです。

 

金属でできているため、ずっしりとした重みのある刀の鍔は、コレクションするには最適です。素材も違えば装飾もさまざまなことから、見れば見るほどその美しさのとりこになるでしょう。
本物の鍔であれば、たとえ無銘であっても非常に価値あるコレクションになりますが、それが無理な人は鍔を用いたさまざまなグッズが販売されていることから、こうしたグッズで鍔の魅力を堪能するのもおすすめです。