Skip to content

刀は柄のみでも買取してくれる?

要らなくなったものを処分する為に買取業者を利用する場合、入っていた箱とか説明書など、全ての物が残っている方が高く買い取ってもらえる傾向となっています。
しかし、全部が揃っていなかったら絶対に買い取ってもらえないと言う訳ではありません。
その物自身に価値があると判断されれば、それがパーツの一部だったとしても買ってもらえる事も有るからです。
では、刀の場合はどうでしょうか。
柄だけとなっている時は買い取ってもらえるのでしょうか、それともそれはさすがに買い取ってはもらえないのでしょうか。

 

まずはどういうものなのかを理解しよう

柄は、「え」ではなく「つか」と読みます。簡単に言えば、使う人が手で握る部分の事を指します。多くは木で作られていて、その上に鮫皮を張り、さらに細い紐を巻いて作っています。

とはいえ、やはり刀は金属部分の方が目立つので、持つところがどの様になっているかなんて意識しない人も少なくないのではないでしょうか。しかし実は、その本体の価値を決める重要な要素となっているのをご存知でしょうか。確かに実践的な物の場合はあまり華美な装飾はされていないのですが、実は芸術品として飾る物に関しては、とても美しい装飾を施されている物も有るのです。

 

要らないと言う時はどうすれば良いか

刀をそのまま残しておくのも邪魔だし、このまま捨ててしまおうと言う時は、管轄の警察署で捨ててもらうことが可能です。とはいっても、この場合は廃棄処分となってしまい、もうこの世からなくなってしまいます。歴史的にも重要な物だったり、美術品としても高い価値がある物と言う可能性も否定できません。だから、捨てるのではなくこの場合は売ると言う事を検討してみると良いでしょう。

そこで利用すべきなのが買取り業者です。実際には商品を見てもらって査定を受け、その後査定額が提示されるので売るかどうかを決める形となっています。だから、査定額で納得できないのであれば無理に売る必要は一切ありません。また、現在では宅配の形を取っている業者も数多く存在しているので、わざわざ業者の所まで行って査定を依頼しなくても良いのでとても便利です。

とはいえ、この場合に利用する業者によっては実は査定額を付ける事が出来ないと言う返事が来ることも有ります。実際にはパーツ全てが揃っていれば買い取れても、錆びていたり、パーツになっていると買い取れないと判断する業者も存在しているからです。だから、柄だけになってしまっている場合は、見た目が綺麗だったとしてもなかなか査定してもらえない事がある事も念頭に置いておきましょう。

ただ全ての業者が全く扱っていないと言う訳ではありません。まずは査定をしてくれる業者を探す為にも、色々な業者に相談してみる所から始めると良いでしょう。

 

もし買い取ってもらえないと言う返事が来たら

業者によっても扱っているかどうかが変わって来るので、時には買い取る事は難しいと言う返事が来る可能性もあります。その場合は、そこで諦めてしまうのではなく他の業者に当たってみると良いでしょう。そうすれば買い取ってもらえる事も有るからです。ただその時は出来るだけ残っている物を全て査定に出す様にしましょう。

例えば包んでいた物が有る場合とか、箱が有る場合等は全て合わせて査定してもらうと言うのが基本です。必要なパーツは揃っていれば揃っている程高く評価してもらう事が出来るからです。また査定を受ける際はきれいにしておく方が良いと言われる事も少なくありませんが、この場合は無理に綺麗にしない方が無難かもしれません。

確かに正しい手入れをしておく方が良いのですが、既に何百年も経過している古い物を適当に今の道具や洗剤などを使ってきれいにしてしまうと、劣化したり破損してしまう事も有るからです。手入れ自体は買い取ってくれた業者の方が丁寧に行ってくれるので、どうすれば良いか分からない状態の場合はそのまま何も手を加える事無く査定を受けるようにしましょう。

 

実際には全てのパーツが揃っていなくても、業者に買い取ってもらう事が出来る可能性は十分にあります。だから、壊れているからと言って捨ててしまわないようにしましょう。まずは分からない時は業者に相談してみる所から始める事をお勧めします。
またその価値自体は時期によっても大きく変わる事も少なくありません。基本的には手入れが行き届いておらず劣化すればする程その価値は下がって行ってしまいます。だから正しく保管する事が出来ないと言う時は、なるべく早い時期に売却を検討する方が良いでしょう。
正しく手入れが出来ていると言う時は、試しに業者に査定してもらい、その後売却するかどうかを決めます。ただ業者によってもかなり扱いが違っており、時には査定もして貰えないと言う事も有り得ます。
したがって、できれば業者に依頼する前には色々な業者をピックアップしておき、一つ目がダメでも二つ目、三つ目の所に依頼できるように予め準備しておくと良いでしょう。そうすれば査定が不可となってしまったとしても慌てずに次の業者に査定を依頼できるからです。