Skip to content

刀は買取に出すのとオークションに出すのどちらがお得?

自分が所有している刀剣を手放す時、専門業者に買取ってもらうか、それともオークションに出品するかどちらが良いか迷う事があります。

では専門業者とオークションの場合、それぞれどのようなメリットデメリットがあるかを見ていきましょう。

 

専門店を利用するメリットとデメリット

専門店を利用するメリットは何かというと、常に刀剣の取り扱いを行っている為、知識があり情報も詳しく、正しい目利きが出来る可能性が非常に高という点です。

その為買い取り依頼を出せば、刀を作った人物等から、いつ頃に作られたものかもすぐに見極めてくれます。専門業者はどの部分をチェックすれば、価値を判断する事が出来るかという事を知っているので、査定を行えばすぐに現金化出来るというのもメリットの1つです。

しかも専門業者には愛好家やコレクターのお得意先が沢山いて、当然独自の販路も持っているので、たとえ無名の匠が作ったような作品でも、場合によっては高額な値段がつく事もあります。 しかもボロボロで錆びているような刀であっても、専門業者であれば自分で研いだり修復する事も出来る為、買取してくれる事が多いので助かります。

一方デメリットもあります。まず専門業者だからといって、全ての人が目利きという事ではないという点です。もちろんほとんどの人はきちんとした知識と経験を持っていますが、中には自分の儲けを最優先して、都合の良い査定ばかりして安く買取ろうとする人達もいます。

しかもこうした人達は取引実績がほとんどなかったり、同業種の人達から信用を失っている場合もあり、充分な販路がない為、よほど有名な刀以外は買取っても他に売る事が出来ないので、査定価格をかなり下げてくる事も多いので注意が必要です。

どの業者が優れているのかは外見では中々判断するのが難しい為、専門店だからといって信用せずに、持ち込む場合は事前にお店の評判をしっかりと調べておくと良いです。

 

オークションを利用するメリット

刀剣をオークションを利用して売却するメリットは何かというと、色々あります。まずとにかく不特定多数の人の目に触れさせる事が出来るという点です。

インターネット上で、沢山の人に告知が出来、それを見て欲しいと思った人達が、お互いに他人がつける値段を意識しあうというのも大きなメリットとして挙げられます。 その為相場通りの価格でスタートしても、複数の購入希望者がいた場合、1円でも高くつけた方が落札出来る為、購入希望者が最低でも2人以上いれば、価格上昇していき、自分が考えていた以上の値段で落札される事も少なくありません。

また間に買い取り店を挟まず直接売買が出来る為、余計なマージンを取られる事なく利益を得る事が出来るというのもメリットです。 他にもどんな刀でも出品し売却する事が出来るというのもメリットとして挙げられます。専門業者の場合、無名のものやランクの低いもの、状態が良くないものは安く買い取られたり、買取を拒否される事もあります。

しかし一般の人が自由に参加出来るオークションの場合、プロも素人も誰でも参加出来るので、刀のランクや状態を気にする必要は一切ありません。 プロなら到底買い取らないようなものでも、素人の人で欲しいという人がいれば売却出来るので、非常に助かります。 場合によっては、専門業者では安く見積もられたものが、思いもよらないような値段で落札される事もあるのでチャンスは大きく広がります。

 

オークションを利用するデメリット

一方オークションを利用するデメリットもいくつかあります。まず不特定多数の人に広く商品を知ってもらう事は出来ますが、本当の愛好家や刀の価値を分かっている人にはアプローチしにくいという点です。

オークションでは刀に限らず偽者や模造品が出回っている事も多く愛好家は利用を避ける傾向があります。その為入札希望者は沢山いても、専門店以上の値段で入札してくれる人が少なく、場合によっては価値が理解されずに自分が考えていたよりも低価格で落札されてしまう恐れもありますので注意が必要です。

また商品説明が結構難しいという点もデメリットとして挙げられます。出来るだけ沢山の人に見てもらい、高値をつけてもらうにはしっかりと商品の魅力を説明しなければなりません。当然画像もきれいに載せる必要がある為、時間と手間は結構かかります。

しかも商品については出品者である自分自身が責任も持つ事になります。その為万が一その刀が偽物だったり、何かトラブルが起きたら全て自分で解決しなければなりません。 他にも仮に高値で落札されても、刀の管理や梱包、さらには発送と色々と手間がかかります。特に梱包では商品が破損しないように注意しなければなりません。

しかも商品が無事破損する事無く相手に届いて、連絡が来るまで落ち着かないというのもデメリットとして挙げられます。 それからオークションだと、運営元に対して落札金額の何%かを手数料として支払わなければならないというのもデメリットです。

 

つまり本当に刀を大切にしてくれる所に売却したいのであれば、刀の目利きが出来、愛好家のお得意様を沢山持つ専門業者に買い取ってもらった方が良いです。

一方、とにかく不特定多数の人に刀を見てもらい、出来るだけ高く買取って欲しいのであればオークションを利用した方が高値が付く可能性が高いです。

よく読まれている記事