Skip to content

日本刀を高く買取してもらうための注意点

日本刀は世界で見てもかなり特殊なもので、専門の刀匠が鍛え上げた一種の工芸品や芸術品とも言えるものです。

なので古くから続く家などでは、倉の中から出てきたということがよくあります。

ただ同時に多いのが、持っていても困るので買取してもらいたいという話です。

では、日本刀はどのようにしたら高く買取してもらえるのでしょうか。

 

買取してもらうつもりなら早くした方が良い

日本刀を買取してもらうにあたって注意したいポイント、それはまずは売りたいと考えているならできるだけ早く行動することとなります。それは何故かというと、「日本刀はかなり繊細なもので保管にも気を付けて手入れを定期的に行わなければどんどん状態が悪くなっていく」という注意点があるからです。

よく言われるのは「日本刀はどれだけ時間が経っても切れ味を失わない」ということですが、それも実は適切な手入れをしっかりしていればという前提条件があってのものとなります。しかし日本刀についてあまり詳しく知らない方がきっちりとした手入れを定期的に行うのは、かなり難しいのです。

だからと言って手入れをしなければ錆を始めとした状態の悪化は避けることができません。ですので、もし売りたいという気持ちを少しでも持っているのならばできるだけ早めに買取を検討した方が良いと言えるのです。

そうすることで状態が悪化し価値が下がる前に、高く売ることができます。 また、高く売るという事は決して悪いことではありません。業者に買い取ってもらった場合、専門家による手入れとしっかりとした保管場所での適切な保管が保証されるからです。

日本刀も手入れをされずにその価値が下がっていくよりは、価値を正当に評価してもらえるところで高い価格をつけてもらい、そして適切に手入れされて状態を保たれた方が幸せだと言えます。ただ事情がありしばらく売れないという場合などには、専門業者に手入れをしてもらった方が良いでしょう。

 

価値がありそうならば事前鑑定だけでも

また、買取してもらうかどうか迷っているという場合には事前鑑定にだけでも出すという手もあります。事前鑑定に出すと費用が余分にかかってしまうということになりますので、積極的に行うという方はあまり多くありません。

ですが、実はトータルでは良い結果を生むこともあるのです。それは何故かというと、事前鑑定してもらえば鑑定書がつくので安く買い叩かれたりといったことが無く、結果的に高く売れる可能性が大きくなるからです。 ただしこれには、条件があります。それはあまり安い刀だと鑑定料の方が高価になってしまうという可能性です。

ではどういったところで鑑定に出した方が良いか考えるのかというと、1つは状態が良いかどうか、そしてもう1つは日本刀には必ず存在している銃砲刀剣類登録証を確認することとなります。実は、この銃砲刀剣類登録証には刀身に作者の銘が刻まれている場合、その旨が銘文として記載されています。

基本的に銘のある刀はより価値があるので銘文をチェックした方が良いと言えます。 ちなみに銃砲刀剣類登録証が無い場合は、そもそも買取どころか所持するのも違法となってきます。

どうしても見つからない場合は、まず警察に相談する必要がありますのでお気を付け下さい。 銃砲刀剣類登録証に銘文があり状態もそれなりに良いのならば事前鑑定をしておくと高く売れる可能性が大きくなると言えるのです。

 

買取してもらうなら専門業者がおすすめ

では、事前鑑定もして鑑定書もつけてもらえば必ず高く売れるかというと、まだ注意しておいた方が良いポイントがあります。それは、できるだけ日本刀の専門業者に依頼するということです。というのも、実は日本刀はかなり様々なところで買取はしてもらえるのです。

しかし、やはり専門家に依頼するのと骨董品全般を取り扱う業者に依頼するのではかなり買取価格が違ってきます。それは何故かというと、経験が違うので正確な目利きをしてもらえるというだけではなく、日本刀を売りさばくルートをしっかりと複数確保しているからです。

骨董品や工芸品は業者としても死蔵しているだけでは利益が出ません。そこですぐに買い手がつきそうなものに対しては価値を高く見積もるのです。その点では、やはり日本刀専門の業者に頼んだ方がより高く買い取ってくれる可能性が大きくなると言えるでしょう。

特に付属品が一部不足している場合などは価値が格段に落ちることも多くありますが、販売ルートを豊富に持つ専門業者ならばそうした日本刀でもものによっては高く買い取ってくれることもあります。それは、そうした品でも買い取ってくれるツテをしっかりと持っているからです。

また、足りない付属品を教えてもらえる場合もあります。付属品が見つかれば価値はやはり上がりますので、そういった場合は付属品かどうか分からないものもまとめて専門業者に見てもらうと良いでしょう。

 

このように日本刀は、日本を代表する工芸品として世界でも評価が高いものなのですが、より高く売るためには様々な注意点が存在します。そしてできるだけ早く行動することと、分からない点があれば専門業者に相談した方が良いでしょう。

よく読まれている記事