Skip to content

飯田高遠堂

「飯田高遠堂」の特徴はなんと言っても明治13年創業という圧倒的な歴史を持つ老舗日本刀・刀剣買取専門店という点です。現在の店主は5代目となっており、実際に店舗にいけばその歴史を感じることができるでしょう。多くの刀剣コレクターはもちろん、国内外の博物館との取引を通じ、創業以来「信用第一」をモットーにあらゆる商品を豊富に取り揃えています。美術業界に深く携わっていて、国内の博物館や財団法人との繋がりも濃いため、国宝や重要文化財のような少し特殊な日本刀・刀剣でも買取可能となっています。

メインの買取方法である「直接買取」では、飯田慶雄5代目店主が1本1本丁寧に鑑定を行い、都度お客さんに説明をして査定を行うため、信頼のおける買取店です。買取個数によっては出張買取にも対応していますので、一度店舗に問い合わせてみることをおすすめします。

 

明治13年創業の老舗

「飯田高遠堂」は明治13年創業の老舗日本刀・刀剣買取専門店です。「信用第一」をモットーにしているように、刀剣のコレクターだけでなく、国内外の博物館との取引も行っており、非常に信頼できるお店です。店内には名刀、名小道具等を種類豊富に取り揃えていて、買取はもちろん、評価鑑定、研・白鞘制作等の諸工作も受け付けています。

同好の士がたくさん集まる刀剣の鑑賞会が頻繁に行われます。実際に日本刀や刀剣を手にとって鑑賞することができるので、刀のことを知るには非常に適しています。参加条件等の情報は公式サイトに記載がありますので是非一度見てみてください。

美術業界に深い関わりがある

「飯田高遠堂」は美術業界に深く携わっており、国内の博物館や財団法人とも取引をしてきたことから、国宝や重要文化財など、個人で売却するのに手間がかかってしまう日本刀・刀剣でも対応可能です。

というのも、もともとは「飯田美術展」として神田旅籠町に店頭を構え営業していました。戦後昭和20年~24年まで神田旅籠町より上野松坂屋前に移転して営業を続け、昭和24年より現在の地、目白にて営業し、昭和42年には銀座松坂屋で刀剣の販売会を開催しました。その後上野松坂屋を始め全国の有名な百貨店にて刀剣の販売会を行ってきました。このようにとにかく歴史が長く、代々受け継がれてきた伝統のお店です。

社長が1本1本査定してくれる「直接買取」

飯田高遠堂で扱っている買取方法は「直接買取」と「交換会への出品」があります。特に力を入れている直接買取では、社長の5代目店主である飯田慶雄氏に1本1本丁寧に査定をしてもらうことができます。そして、詳細の説明をしてもらった上でその場で現金買取をしてもらえます。長い歴史に裏打ちされた信頼できる査定価格を出してもらえることでしょう。

また、買取の個数によっては出張買取にも対応しています。数が多くて直接店舗に行けない場合は、一度問い合わせしてみることをおすすめします。ただ、買取の価格を知りたい場合に関しては、日本刀は状態や作風等によって買取価格が大きく違ってくるため、お電話だけでは正確な買取価格は分かりませんので注意してください。

目白駅より徒歩五分の好立地

店舗へのアクセスは目白駅から徒歩5分という好立地です。目白駅自体も池袋や新宿から遠くないため、非常に行きやすい店舗となっております。近くの方は是非直接店舗へ行き、明治13年創業の歴史を感じてみてください。
飯田高遠堂で買取可能な商品は、刀剣・刀装具・拵・刀掛・槍・甲冑・鎧など、一通りの刀剣類となっております。本人確認の手続きがあるので、身分証明書をお持ちの上、日本刀・刀剣の登録証を忘れずに持っていくようにしてください。商談が不成立の場合でも手数料はかからないので、お気軽にお立ち寄りください。